TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 渡辺源治

Residence : 大分県大分市

Club : ガヤガヤクラブ

Pride : フカセ釣り

ガヤガヤクラブ懇親クロ釣り大会

2012年 12月 9日 12時頃

今日は自分の所属するガヤガヤクラブの懇親釣り大会を開催いたしました。場所は鶴見大島でフカセでクロ3匹の総重量勝負です。ガヤガヤの大会は、いつも天気が悪く、海が時化て魚が釣れないというジンクスがあります。(笑)やはり今年も時化ました。本誌を見て、ここ最近、鶴見が好調でお客さんが多いとのことで矢田さんと木本君と皆本さんと自分の4人で土曜の昼の見回り便にて場所取り先発隊です。矢田さんをタチバナに下ろし次に自分と木本君をビャクビに下ろしてもらいました。とりあえず先客さんがいるので状況を聞いてみると…「全然釣れません」の返事。OH NO-もしかして場所の選択 間違えた?でも北風が、かなりピープー吹く予報なんで ここが一番いいと思ったんですけど…先客さんは3時に帰るということなんで、木本君と仕掛けの準備し雑談。先客さんが帰ったので釣り開始!今日の仕掛けは磯竿1.2号に道糸がサンライン磯スペシャルテクニシャン/ハイカラータイプTCH/1.7号。ハリスもサンライントルネードKONG/1.5号を結びました。針は貫通性の良いハヤブサ鬼掛の競魂グレ5号と効率良く広い層を探れ飲み込まれにくい広層グレの3~6号を使い分けてみました。マキエは半日分がオキアミ生三角にマルキューのV9徳用とTR遠投ふかせを練り込みました。木本君に「太平洋に餌を撒けー!ドンドン撒けー」と叫びながら釣りをしてると5投目に穂先を「クイッ」っと 持って行くアタリがありアワセを入れると、こぎみ良い引き!上がってきたのは30㎝ほどのイサキ!娘にイサキをお願いされていたのでラッキー!ナイスお土産!潮が枯松からダンバナ方向に変わり、潮がべったり張りついてくる状態。瀬際を流してるとまたもやイサキ!仕掛けを入れるとイサキ、イサキ、イサキ…イサキばかり(笑)嬉しいけどね。潮の勢いが少し強くなったせいか、足元にあった潮目が5mほど離れそこにマキエと仕掛けを投入!仕掛けの水圧を感じ、軽く張り仕掛けをコントロールしながら入れて行くと…穂先が「クイッ」っと3㎝ほど持って行かれ「コツッ」というアタリをとらえアワセを入れると「ギュン」と底に向かって走る力強い引き!あまりの嬉しさに「ヤッホー!」っと叫びました。(笑)間違いなくクロと確信し慎重にやりとりをし上がってきたのは35cm程のクロでした。同サイズのクロをもう一枚追加した所で暗くなってので木本君とおっさん二人組のおでんランデブーパーティー!寒い中アツアツおでんをほおばりながらビールで流し込んで磯の寒さを堪能し寝ました。夜中に高橋さんが「ガハハハハ」とやって来て朝方には阿部さん登場!熱いコーヒーを入れ眠気覚まし、心も体も温まります。高橋さんの情報で矢田さんが48cmを筆頭に18枚釣っているという噂(汗)。みんなで「ハイっ!矢田さん優勝!」と言ってました。とりあえず釣り座を決め釣りを楽しむことに…みんなポツポツと釣っている中、一人高橋さんが…うなだれている。瀬際をべったり張りつく潮に苦戦中…最初は明るく話をしていたものの、だんだん話しかけても「アー」「ウー」と訳のわからない言葉を発し返事もしてくれんなった(笑)ちょこちょことアドバイスをし投入すると1投目で竿引きのアタリ!イサキを釣って子供の様にハシャギ喜んでました。(笑)終了時刻になり磯の掃除をし、みんなを回収し港に戻り検量です。ほぼ全員安打の様です。さて表彰ですが…三位阿部さん。二位矢田さん。この強者どもを抑えての優勝は…約3500グラム釣って自分でした。(笑)昨年に引き続き連覇しちゃいました。今日の勝因は…やっぱ場所っすなー(笑)それにしても楽しいクラブです。ガヤガヤとホントにうるさいやつらばっかり!てる丸の休憩所がうるさいのなんのって(笑)でも最高に楽しい仲間達です。ここ最近の鶴見はクロ、イサキの活性は高いようです。モイカは場所によっては釣れますが型が500~800g前後のようです。年末が近づいて来てます。釣り収めに鶴見に行ってみてはいかがでしょうか?楽しめると思いますよ。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード