TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣り納めはサバ釣りだ

2012年 12月 7日 4時頃

12月7日、小潮。全国的に有名な大分ブランドの魚と言えば、真っ先に上げられるのがサバだろう。このサバは40㎝を超えれば1本当たり3千円を超えることもあり、需要が逼迫すれば50㎝超が軽く5千円を超えることもある魚だ。そんな全国民が羨む魚を、1 万円ちょっとの船代で狙えて、しかも当たり潮に巡りあえば2ケタを釣ることもできるなんて、我々大分県民はなんと幸せなんでしょう!

さて、大サバが安定して釣れ出すのは年明け以降が相場なのだが、12月にはその先遣隊が中型までの数釣りにパラパラと交じる。冬型の気圧配置で北風に乗って強い寒気が入ってからは、潮次第ではあるが一人2〜3本をお土産にしている。遊漁船によっては年末の釣行は満席であるがクリスマス前後や年明けは意外に予約が空いているので、サバを狙いに釣行されてはいかがでしょうか?

写真提供:ちどり丸TEL090・8417・1861

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード