TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大型グロ連発

2012年 12月 11日 13時頃

12月11日、中潮。午前7時、夜明けと同時に釣りを開始する。大強風で竿を満足に振れないし、マキエを思うように飛ばすことが出来ず。仕方なく手前を狙うことになるが、ウネリや波飛沫で見え難いながらも、マキエに反応する巨大な魚の群れを視認。オナガ、口太、イズスミがマキエに湧き上がっているではないですか!仕掛けを投入してみるがマキエに反応する割には、ツケエへの反応が鈍いようでアタリを捉えることができず。「どうやってツケエを食わすか」と思案していると、左向こうの出っ張りの所で竿出ししていた築城さんが、大ヤリトリを展開中! 中腰の体勢でリールシートと竿尻を両手で掴みながら竿先を海中に突っ込んで必死に応戦しているが、相手はとてつもない大物のようで止まる気配を全く見せないまま、痛恨のラインブレイク…。この日は築城さんの釣り座が当たり釣り座だったようで、面白いように魚が掛かるが、平時の米水津の日中釣り仕掛けでは太刀打ちできる代物でなく、バラシを連発するばかりであった。そんな中であっても、43cmの大型オナガを仕留めて一矢を報いたのは流石でした。

さて、私はと言うと、築城さんほどではないとはいえ、とてつもないアタリを捉えてはバラシを繰り返す中であったが、ポツポツと中型を主体にクロを釣り上げました。クロのタナは1ヒロ程度で、それより深くなるとアタリが分かりませんでした。アタリの出方は、前アタリでフカセからまん棒が横方向へスウッと動いて一旦止まった後に、再び動きます。再び動いた時が、クロが本食いしたサインですが、この時にタイミングよくアワセを入れないとハリ掛かりをしませんでした。それと、強風が吹き荒れていましたが、潮はしっかりと流れていて、ウキが馴染むとすぐに潜っていました。仕掛けが潜るとアタリが分からないし、タナも深くなり過ぎるので、仕掛けが入り過ぎない工夫が必要でした。そこで使った手段は、G2の浮力のウキを使用した、ノーシンカーの仕掛けです。ウキの余浮力が大きいので潜りが悪く、なおかつ糸を深く入れさせません。普段の釣りであればウキの浮力を殺すことを何よりも優先しますが、極稀に余浮力が必要な時があるのが、クロ釣りの面白い所ですね。

食い気の渋い口太を拾い釣りしていると、潮位が増すに連れてクロの食いが活発になります。余浮力のあるウキを厭わず引き込むアタリと同時に、手元に衝撃が走るが大型オナガかイズスミか、チモト切れを複数回。手応え十分の魚を捉えて、なんとか逃さず浮かせたのは、48cmの特大口太でした。それを釣り上げると同時に潮が下げに替わり、それを合図に足元の魚の姿が消えて、クロのアタリもなくなりました。あまり状況の良くないとの前評判の沖黒島でしたが、この日はクロが絶好釣で大変楽しめました。日ムラのある釣り場ですが、今回のような大当りがあるから、魅力的な釣り場です。

後藤秀樹・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード