TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 角 伸幸

Residence : 福岡県北九州市小倉南区

Club : 自由釣行会

Pride : 上物釣り(クロ)

季節風を避けて丸バエ

2012年 12月 23日 9時頃



  12月22日に釣行予定を計画したいたが強風の影響で波高しで一日延期して23日の釣行と決め5名で出発、前日に船長と相談をして23日も風が強いので沖磯と芹崎はあきらめ又も丸バエでお願いするが、船長より最近丸バエでクロが釣れないと情報を頂き一同意気小心、しかし年末寒気が日本列島に掛り寒くなる様な情報があるので、釣れなくても最後の釣りが無事に終わり、夜の宴会が楽しく終われば良しとして丸バエに。小倉をいつもより早めに出発する途中雪の影響もなく11時にエトウ釣具店様に到着、本日同行する2名と待ち合わせ7名で解凍して頂いている餌を受け取り渡船基地の西の浦に12時に到着、着替えを済ませ待合室で雑談をしていると船長が来ていざ出船、1便に10名のお客さんを乗せ沖磯へ3名を黒島のナガミゾに降ろし、私たちの乗る丸バエに向かう、名礁長太バエ近くで風が強く船上にしぶきが掛る、丸バエに着くとさすがに風裏、私たちのグループを次々に降ろして行く、私は3名で瀬上がり、少し前日のウネリが残っているので道具を安全な高台に運び終わると一同ラーメンタイム食事後雑談していると横の瀬で釣りをしている同僚より電話があり早々と40cmオーバを釣り片目を開けたと連絡が入る、すぐに横の瀬を見ると4つ電気浮が洋上に漂っている、先を越された、急いで電気浮をセットして釣り開始、時間を見ると4時、期待の第一投当たりが無いままに仕掛けを回収、餌が残っている、数等繰り返すが同じ様な状況が続く船長が言っていた通りの状況に一旦休憩、東の空が白み掛けた6時30分より釣りを再開、直に34cmがヒット、続いて42㎝が釣れとりあえず両目が明いた時間を見ると既に8時、コーヒーを沸かして遅い朝食タイム、他の組に電話を入れるとあまり芳しく無いとの返事、下げ潮が冷たい海水を運んで来ているので潮が変わるまで休息タイム、10時30分近くに上げ潮が入り初めたので釣りを再開、仕掛けを回収しても餌が付いて来るのでウキしたを深くとる、これが良かったのか直に42㎝がヒットしかし後が続かない、昼食を済ませ一心不乱に竿を振るが釣れない、回収時間の1時間前の午後3時にヒットしたのが本日最長の43㎝、この一尾で本日終了、桟橋で他の釣果を見ると8匹がトップ、釣り方を聞くと超遠投での釣果、今年も無事釣り納めが出来ました、家族に感謝です、民宿清水マリン様にも感謝です、良い餌をご提供して頂くエトウ釣具店様にも感謝です、来年も宜しくお願い致します。

筆者のタックル

磯竿:がま

道糸:2.5号

ハリス:2号

ハリ:グレ6号

ツケエ:オキアミ

マキエ:Ⅴ9

その他:パン粉

つり太郎WEB内を検索

バーコード