TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2月になって やっと初釣り…〜大分近郊でメバリング〜

2013年 2月 1日 21時頃

2月1日、中潮。仕事が忙しく1月はまさかのゼロ釣行。2月になってやっと、やっと釣りに。なんと、これが今年の初釣りだ。今シーズンに向けて、ロッドはソリッドからチューブラーへ。ラインもフロロの2lbから、P E の0・15にした。より遠投性能をアップし、感度を重視するセッティングにしたのだ。やっと、新しいアイテムの使い心地を試せると心も弾む。「アジかメバルか、なんでもいいから釣れないかなー」と、いつもの西大分港へ。この日は風も無く何とも釣り易い。まずは街灯の落ちるシャローを打つ。ここはヤル気のある個体がいれば一発で食ってくるはず。オーシャンルーラー「クレイジグレンジキープ」を遠投してまずは表層をやや早めに。次に少しトゥイッチを入れながら、徐々にレンジを刻み繰り返す。アタリが無い…。それにしても「クレイジグレンジキープ」はダート性能が秀逸だ。今度はボトムに落とし、エギングの2段シャクリのようにリグを跳ね上げカーブフォール。すると、ガツンと来た! 上がって来たのはカサゴ。カワイイ手乗りサイズ。しかし、「クレイジグレンジキープ」をすっぽり丸呑み。ただ、後が続かない。さっさと見切りを付けて、次のポイントへ。

今度はテトラ帯に。こちらも街灯が落ちているポイント。手前のブレイクに海草が茂るが、沖は砂地でアジの回遊を期待できる。オーシャンルーラー「アクティブシンカー」を取り付けたライトキャロにリグ交換して攻めてみる。しかしこれまた、反応が無く時間のみが過ぎる…。潮も動くし、風も無いし、コンディションはいいのになー。魚がいないのかなー。水温が低いから、渋いのかなー。なんて考えるも、とにかく何でもいいから釣りたい…。こうなったら大きく移動しようかと思ったが、ふと反対側の街灯が当たっていないエリアが気になったので、そこを打ってから移動することにした。こちら側はボトムの起伏が激しく、海草も多い。そしてこの選択が大正解! 海草の上をシンカーが通過したところでフリーで落とすと、コツン! 瞬時にアワセを入れると、ゴンゴンと下に突っ込む感じ。間違いない、これはメバルだ!続けざまに2匹。これはいいぞー! とスレさせないようにワームのカラーをオレンジからパールホワイトに交換する。「アレ?」アタらない。今度はクリアカラー。これもダメだ。しょうがないから元のオレンジに戻すと、途端にアタリが連発。…こんなこともありますよね。

サイズ的には20㎝程で物足りなさが残ったが、今年初の魚の手応えはなんとも言えない心地良さだった。冒頭のニューアイテムもなかなかの好感触。よーし、今年も頑張るぞ!

オーシャンルーラー/澤田達雄・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード