TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

寒グロ釣りのハリ選び

2013年 2月 16日 13時頃

いよいよ本格的な寒グロシーズンへ突入した。これまでは比較的良く釣れていた大分県南のクロも2月に入ると水温低下の影響を受け、捕食行動の動きが小さくなってきた。この先は価値ある1枚を求めての釣行となり、試行錯誤を重ね手にした魚は喜びも一入である。今回のT・CLUB通信では、寒グロ釣りのハリ選びについて考えてみたい。

①ハリ選びの基本…ハリは一般的に号数(数字)が大きくなるとサイズが大きくなり、軸の長さやフトコロの広さ形状等が違ってくる。その選び方は魚の口の大きさと使用するツケエのサイズで異なってくる。特に厳寒期のクロは、低活性でツケエが残る状況が多い。そこで少しでも魚に口を使わせようとするため、私は数種類のハリを持参している。この時期に使用するハリは、オーナーばり「元輝グレ」、「刺牙グレ」、「速手グレ」、「速手グレX」の4種類を様々な状況に合わせ使い分けている。同じ号数のハリでも重量・形状・カラー・線径が異なり、その使用方法について述べることにする。

②重量と形状の違い…「元輝グレ/4号」の重量は27・8㎎に対し「速手グレX/4号」は約1・7倍の47・2㎎である。この違いでツケエの沈降速度が大きく変わってくる。例えばマキエにクロが反応しており、その動きは2〜3ヒロのタナをユラユラしていとする。その時は重量の軽い「元輝グレ」をハリスへ結び、クロがマキエを捕食しているタナをゆっくりと通過させ食い気を誘う。更に沈降速度を遅くさせるには、ハリの号数を小さくすることで軽量化を図る。このハリは超短軸形状で設計されており、特に2〜3号のいわゆる小バリは食い渋りに抜群の効果を発揮することが多い。

魚のタナが竿2本と深い時には重量のある「速手グレX」でタナを一気に直撃すると効果的である。このハリの特徴は中軸設計で、前述した4種類のハリの中では最も重い。ツケエの馴染みが速いため、深ダナ狙いには有効なアイテムである。また深ダナ攻略法のもう一つの手段として、ハリの号数を大きくし(6〜7号)重量化を図ることもオススメである。

③カラーの違い…ハリのカラーは魚に対し目立つ色と目立たないようにする違いがある。使い分け方としては、少しでも警戒心を与えず食わせたい時は沖アミ生に馴染むオレンジカラーの「元輝グレ」やワインレッドの「速手グレ」をチョイスし、違和感なく寒グロに口を使わせたい。これとは逆に魚にツケエの存在をアピールしたい時はホワイトパール色の「刺牙グレ」を選択する。また塗装を施したハリは、その剥げ方で何の魚がツケエを触っているのかをある程度特定することが可能である。

④線径の違い…ハリの線径とは軸の太さを示している。寒グロシーズンのツケエにはサシアミを使用することが多い。このツケエは身自体が細いため、中軸以上のハリではエサを刺しても身が割れることがある。そこで線径はある程度細いことが必要となってくる。「元輝グレ」「刺牙グレ」「速手グレ」の線径はサシアミに十分対応出来るサイズである。以上が私の寒グロに対するハリの選び方である。

⑤私が大分県南のフィールで使用するハリの種類と号数…オーナーばり・元輝グレ/2〜7号・刺牙グレ/3〜7号・速手グレ/4〜7号・速手グレX/4〜7号

これから先は厳しい寒さが続くが、年間で最も大型グロを狙える時期でもある。状況に合わせハリを選択することで「釣れた」ではなく「釣った」と言える寒グロを求めて磯へ足を運んでみませんか?

2月5日、長潮。というわけで、米水津の沖黒島へ釣行しました。早朝はクロどころか魚の反応が全くなく、ツケエの沖アミは丸残りでした。「クロは海中にいるのだが、食い気のスイッチが入らないのだろう」と推測し、少しでも食い気を喚起しようとツケエを目立たせるようにしてみる。そこで、ハリを「速手グレ/4号」から、白くて目立つ「刺牙グレ/4号」に変更する。すると、キタマクラの興味を引いたようで、ツケエを齧られたり、盗られたり。とりあえずはエサ盗りとはいえ魚の食い気を喚起できたのでこのまま仕掛けを打ち返していると、竿1本のタナでウキが明確に引き込まれて35cmの口太を釣り上げる。すぐに同型口太を釣り上げてからは、しばらくアタリがなくなる。タナを竿1本半まで深くすると、ウキがゆっくりと引き込まれる。今度は重量感たっぷりで、48cmの特大口太を釣り上げたのでした。その後はクロが活発化して、2ヒロ〜竿1本のタナで頻発しました。

さて、海水温の低くなる2月はツケエが残るとついついハリを小さくしてしまいますが、それだけでなく大きく(重く)したり、色を変えたりすることも釣果アップのポイントになると考えます。みなさんも、ハリのローテーションで、釣果アップを狙ってみましょう!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード