TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

アラカブ大分沖大型数釣り

2013年 3月 20日 16時頃

3月20日、長潮。春の船釣りの風物詩と言えば、船のアラカブ狙いが浮かぶ釣り人が多いことだろう。大分県のアラカブ狙いは佐賀関沖を主な釣り場とし、その水深は100〜200mもの深海となる。アラカブ狙いは数釣りはもちろんだが、この釣りでしか釣ることができない、1㎏を超えるアラカブを手にすることがその最大の魅力で、愛好家の間では丸々と太った特大アラカブは「大五郎」と言う愛称で呼ばれている。この「大五郎」の由来は高見山大五郎からなのか、大容量ボトルで人気の焼酎「大五郎」から来ているのかは謎ではあるが、船上でよく見かける水筒代わりのボトルを見る限りでは恐らく、焼酎から来ているのであろう。晩酌にアラカブと焼酎の「大五郎」が並ぶ様を想像すると、さぞかし圧巻だ。

さて、「星隆丸」(大分市大分港)は、佐賀関沖のアラカブ狙いへ向かった。現地は波風が穏やかで潮も緩やか。深海を狙うアラカブ釣りには、絶好の釣り日和であった。釣り人達はサバの切り身をツケエにし、仕掛けを投入する。オモリが海底に着底すると糸フケを取り、下オモリを海底になぞらせて、アラカブのアタリを待つ。ゴリゴリとした岩盤のような感触に交じって、コツコツコツッと、アラカブがツケエを齧る感触が手元に伝わる。ゆっくり穂先を上げてそっと誘うと、ゴンッと魚が本食いする。120mの深海からお目見えしたのは、1㎏超の大型アラカブであった。この日は600〜800g級の良型アラカブが頻発し、1㎏超の大型は竿頭でなんと3匹! 近年では珍しい形揃いの数釣りを楽しめた、釣行となった。

さて、アラカブ狙いで重要なのは、竿を常に動かすこと。そこで、そのメリットを以下に述べる。①根掛かり回避オモリを海底に置いたままだと、根掛かりしやすいため。②誘いアラカブはフィッシュイーターなので、動くものに反応するため。③居食い対策深海釣りのため食いの渋い時は、アタリが出難いため。4月の小潮周りは、乗っ込みアラカブ狙いがオススメですよ!

取材協力/星隆丸TEL090・8766・0349

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード