TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大野川でハエ狙い無心夢中、カガシラ釣り

2013年 4月 5日 15時頃

4月5日、晴れ。ハエとは、日本産のコイ科の淡水魚の内、中型で細長いものの総称だ。そのため大野川のハエ釣りでは通常、オイカワばかりが釣れて、時々タカハヤが交じる。その大野川のハエ釣りだが今年は数がよく出ており、天気の良い日には連日釣り人達が竿出ししている。常連さん達はサシ虫を使用したエサ釣りで数釣りを楽しんでいるが、最近ハエ釣りに通っている釣具スーパーイヴの真也くんは、何やらカガシラ釣りにハマっているらしい。夕方から竿出しするということなので、本紙記者も同行してみた。

午後4時30分、大南大橋を渡って竹中に入り川沿いに上流へ向かって、水道管の上流の川原に車を駐車する。現地では意外に風があるのが気がかりではあるがそんな心配をよそに、真也くんは一目散に川べりへ向かう。竿先にオーナーばりの「ハヤ・ヤマベ毛鈎仕掛け5本」をセットすると、そそくさと竿を伸ばして踝まで川に立ち込む。対岸に向かって竿を振り込むと、仕掛けの上下の赤い目印が一直線に川面に並ぶ。仕掛けが流れるのに合わせて、竿先をゆっくりと下流に動かすと、仕掛けがチャラ瀬に入った瞬間に、真也くんはシュッと竿を起こす。川面から銀色の魚体が一気に空中へ抜き上がり、10㎝大のオイカワがお目見えした。しばらく空アワセが交りながらも、ポツポツとオイカワが釣れ続ける。午後5時になって風が止むと、羽虫の群れがモワッと川べりに現れて生命力に溢れた、賑やかな光景が広がる。それを合図に真也くんは1投毎に魚を釣り始める。傍目から見るとこれまでアタリの出なかった目印が、ブルルと振動するようにアタリを知らせてくれた。

「夕方になって羽虫が現れると魚がそれを狙うおかげで、カガシラへの反応がいつも良くなりますね。これまでは手元にアタリを感じた瞬間にドンピシャでアワセないとフッキングしませんでしたが夕方の時合いになると、向こうアワセでガツガツとカガシラにアタックしてくれます。今日は、赤と黒系の毛鉤への反応が高いですね」(真也くん)。まだまだオイカワが果敢にアタックしてくれたが、夜勤の準備があるのでやむなく午後5時半に納竿した真也くんでした。

オイカワが好釣の大野川で、カガシラ釣りにチャレンジしませんか?

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード