TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

デカバンラッシュ

2013年 3月 31日 18時頃

3月31日、中潮。今年は少しでも時間があれば、蒲江に通ってます。今日も蒲江で頑張るつもりでしたが残念なことに、午前中は奥さんが仕事のため子守りです…(涙)。釣り友達は早朝から竿出ししており、気が気じゃありません。昼過ぎに奥様が帰って来ると速攻で家を飛び出て、急いで蒲江へ!途中釣具店でマキエの準備をし(沖アミの生2角+ジャンボ1角+ヒロキュー集魚剤「チヌテン」2袋+「チヌ煙幕」1袋+ムギ1㎏)、午後3時にやっとみんなの待つ蒲江の筏に到着しました。

現地に到着すると、なにやらみんなの表情がやけに明るい…。それもそのはずストリンガーの先には、50cm超のチヌがウジャウジャいるのです! ひえーーーー! 同級生の築城君には53cm、利光君は55cm を頭に型揃いで5 枚、池松さんに至っては自己記録更新の57cm!!!自分の釣る魚はもう、いないのではないかと…。さて、驚愕の釣果を目の当たりにして興奮した気持ちを無理やり冷まして( 冷めないですが…)、いよいよ釣りを開始です。この日の蒲江の干潮は14時50分、これから上げ潮が流れるはずです。お気に入りのツケエ・ヒロキュー「えびまる」をハリに刺します。今シーズンの蒲江で私が釣った50cmオーバーのチヌとマダイは全てこのツケエを使用しています。殻が硬いのでエサ盗りの多い場所でもエサ持ちが良く、少し白っぽいのが海中でアピールすると感じてます。遅れを取り戻そうとマキエをバンバン打ち込んでは仕掛けを打ち返していると、ツケエが竿1本程入った所で、バチバチバチッと道糸が手元から弾け出ます! かなりの重量感! マダイ? チヌ? やっぱりマダイ? 慎重にヤリトリしましたが、痛恨の高切れ…(涙)。

そのワンチャンスをものにできなかったのにケチがついたのか、それからはアタリが全くありません…。時計を見ると、もう午後6時…。楽しい時間はあっという間に過ぎゆくものです…。夕方なので浅場にデカチヌが回遊すると信じて、釣り座移動です(この作戦で3月17日に55cmが出たのです)。すると…、3投目ぐらいで、竿先にアタリが! アワセを入れると、タナゴでした…。こいつがいたら…、釣り場は終了パターン。諦めムードになりましたが、次の1投でツケエが綺麗に残りました。デカチヌがいるのか!?そして次の1 投!遠投して手前まで引いて誘いをかけると、穂先をコツコツ? 竿先を十分に抑えこんでからアワセを入れると、竿が根本からひん曲がります!「デカイ!!」重量感を手元に感じてリールに手を伸ばした瞬間、ふっと穂先が空へ跳ね上がりました…。仕掛けを回収すると、チモト切れ…。

このままでは終われないのでまだまだ蒲江通いが続きそうです!!

Team Zero Sea 山西健一朗・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード