TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

金ピカアジ到来!

2013年 5月 4日 13時頃

5月4日、長潮。工藤さん、小手川さん、隅田さん一行を乗せた「幸丸」(月見島観光開発所属)は、臼杵湾の船上フカセ釣りへ。早朝はチヌ、マダイの一発を求めて実績のあるポイントを回ってみたがチヌのアタリがポツポツで、それらしいアタリを捉えることができず。お昼近くになってからはお土産の確保に、最近好釣のアジ狙いへ向かった。お昼前、水深12mのポイントに到着。ここでの船上フカセ釣りの仕掛けは、全遊動沈め釣りが基本だ。全遊動沈め釣りの利点は以下の2点が主に上げられる。

①表層の影響を受け難い沖のポイントは地方に比べると潮の流れが速くて仕掛けが入り難い。特に表層と底潮の流れの向きや速度が異なる場合はその傾向が顕著になるので、表層の影響を極力排除ができる全遊動沈め釣りが効果的。ガン玉やハリの重量にも注意して、仕掛けの入り具合を調整しよう。

②食い込み抵抗を低減できるアジはエサの捕食時に抵抗があると、食い渋る傾向がある。そんな時はウキの引き込み抵抗の少ない全遊動仕掛けが効果的だ。それに浮力の小さい00号のウキを使用することでより食い込み抵抗を低減することができる。さて、竿出し直後から25cm大のアジのアタリが連発し、工藤さんには38cmの大型アジのアタリも!「アジのタナは6m前後ですね。エサ盗りがいますがアジのアタリが始まれば、気になるほど邪魔をすることはありません」(幸丸)。

アジの数釣りを楽しんでいると、工藤さんがとてつもないアタリを捉えるが痛恨の高切れ…。恐らく、大型マダイだったのでは?「昨年の今時期はマダイがよく釣れていましたが、今年は出足が鈍い。散発的にそれらしいアタリがあるので、マダイの様子見も…」(幸丸)。

取材協力=月見島観光開発 TEL 0972・66・5555

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード