TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ハリの個性をマッチアップ

2013年 5月 6日 11時頃

5月6日、中潮。播磨聡さん一行は「大勝丸」で「大分市6号地沖短波止」に上礁し、地寄りの水道に釣り座を構える。釣り座の対岸にはテトラが複雑に入り組んだ岸壁があり、その隙間には間違いなくチヌが棲息しているはず。同じく対岸の造船所の水門の付近の海底は深くえぐれているはずなので、チヌが好んで回遊しそうなカケアガリ形状になっていることだろう。播磨さんは広範囲に念入りにマキエを打ち込んで、そのレンジを徐々に狭める。マキエを十分に効かせてからは、仕掛け作りへ。播磨さんの使用するハリはオーナーばり「インホワイトチヌ」だ。「チヌは好奇心が旺盛な魚なので、目立つものに集まる傾向があります。『インホワイトチヌ』であれば、半透明の沖アミがハリの色で薄っすらと白くなるので、チヌに大きくアピールするはずです」(播磨さん)。

播磨さんは底きっちりにタナを合わせ、仕掛けを投入する。ツケエは1号オモリの負荷で表層を一気に突破し海底に到達、播磨さんはダンゴ状のマキエを次々に追い打ちしてアタリを待つ。ウキがスウッーと海中に引き込まれると、播磨さんは鋭いアワセを入れる。0号竿が根本から弧を描くと同時に、穂先がコツコツとノックされる。チヌであることを確信した播磨さんは柔竿のしなりを楽しみながら時間をかけてゆっくりと40cm大のチヌを取り込む。そのチヌの上唇にはがっちりと、「インホワイトチヌ」がフッキング!さて、このままチヌ釣りを楽しみたい所であったが、マキエが効いてからは辺り一面がアジだらけになってしまう…。普段のチヌ釣りであればアジは邪魔なターゲットであるが、この日のアジはどれも25cm級の型揃いで釣って良し、食べてなお良し!しばらくはお土産の確保に、アジ釣りに専念した播磨さんであった。お昼過ぎ、クーラーの底を良型アジで埋めた播磨さんは、十分なお土産を確保したので再びチヌ狙いへ。播磨さんはアジを狙っている間はハリのサイズを2号に落としていたが、今度は「インホワイトチヌ/4号」をセットする。「大きなハリであればアジが食い込み難いし、チヌにはより大きなアピールになるはず」(播磨さん)。

仕掛けを投入すると時々アジが突くもののツケエは残っている様子。何度も仕掛けを打ち返していると、潮が上げに替わった瞬間に38cm級チヌを釣り上げたのであった。さて、同行した後藤さんは、播磨さんとは違ったハリと釣り方でチヌにアプローチを試みる。「使用するハリはオーナーばり『ウルトラ競技チヌ』。軸太のハリなので自重があり、なおかつケン付きなのでツケエがズレないのが特長です。このハリで遠投でベタ底を狙ってみますよ」(後藤さん)。後藤さんは00号ウキを使用し、ハリスにはG5のガン玉を段打ちする。ツケエが着底してからはラインを張って、チヌのアタリを待つ。すぐにアタリがあるものの、釣れた魚はベラ…。ベラのアタリがしばらく続くが後藤さんは遠投、ベタ底狙いを続ける。「ベラは海底に棲息する魚なのでベラが釣れると言うことは、ツケエが狙いの海底に届いている証拠です。チヌは大きくなるほど底に棲息する傾向があるので、期待をしていますよ」(後藤さん)。

後藤さんは糸を張って穂先でアタリを取る。穂先からパラパラと道糸が出て、加速すると同時に後藤さんがアワセを入れると、40cmジャストのチヌが姿を現した!「もう少し大きいのを釣りたかったが、これだけアジがいる中では上出来でしょう。『ウルトラ競技チヌ』は強度のあるハリなので、チヌ釣り場でありがちな不意のマダイにも対応できますよ」(後藤さん)。さて、用事で遅れて登場した城本さんはオーナーばり「速手チヌ」をセレクト。「オーソドックスなハリですが鋭い刺さりと、真っ赤なカラーがその特徴です」(城本さん)。城本さんはネリエでハリを包み、仕掛けを投入する。着底しては引き上げてフォールを繰り返すと、穂先が持たれるようなアタリを捉える。少しずつ道糸を送って、加速した瞬間にアワセを入れると、35cm大のチヌがハリを丸呑みして上がって来た。「1号の小バリでチヌにハリごと食わせるイメージ。違和感なくハリを食わせることができました」(城本さん)。

三者三様のハリのチョイスを参考に、みなさんもチヌを狙ってみては?

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード