TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

梅雨グロの楽しみは大型を引き出す喜び

2013年 5月 31日 17時頃

5月31日、小潮。豊後高田市の若松さん一行は「若戎丸」(米水津小浦港)で「千畳」に上礁し、夜明けから竿出し。「米水津で梅雨グロが本格化した」との前情報はもちろん耳にしており、朝まずめの一発に期待して仕掛けを投入する。タナを3ピロに設定して仕掛けを流すと、それらしい小さなアタリがあったものの食い込まずその原因を、「ウキ止めの抵抗を嫌っているのかも?」と推測する。次の投入ではウキ止めを外して全遊動で仕掛けを流すと、小さな前アタリの後、スウッーとウキが引き込まれてアワセ。重量感たっぷりの手応えに慌てず慎重にヤリトリし、瀬際の攻防を制して浮かせたのは、今時期にしては超特大の47㎝口太であった!その後もクロのアタリが続くが、30㎝までの小型が連発する。サイズアップを狙って仕掛けを深く入れるとバリ、クロのアタリがなくなったので試しに仕掛けを深く入れるとバリ、若松さんはなんと、納竿までにバリを16枚も釣ったとのこと。そんな中でも30〜38㎝級を複数追加、同行した有光さんも43㎝の口太を釣り上げたのであった。

梅雨グロの時期はどうしても、クロの型が35㎝まで主体になって、サイズアップに苦労することが多い。そこで、梅雨グロ期に大型クロを釣るためのアドバイス!

湾内の釣り場…クロの魚影が濃いのは沖の釣り場であるが、それは回遊性の高い「渡りグロ」が居付くから。「渡りグロ」は中型までが主体となり、地付きに比べると相対的に小さい傾向がある。春の産卵で浅場に居付いた大型の口太が、そのまま湾内に居付くことがよくある。湾内はエサ盗りの多いポイントであるが、大型を釣るチャンスもあるので狙ってみたい。

マキエをズラす…クロ釣りの基本は「ツケエとマキエの同調」であり、みなさんも先輩方からそれを意識して仕掛けを流すことを何度もアドバイスされたはず。もちろん、「ツケエとマキエの同調」はクロ釣りの基本的なテクニックであるが、コッパグロなどのエサ盗りの多い時は、真っ先にツケエを盗られるし、中型口太が頻発する釣り場では、そのためにサイズアップができないこともしばしば。大型は群れの周辺でエサを拾うことが多いので、それを意識して狙ってみたい。

少し深く釣る…レギュラーサイズが2ヒロで釣れていればそれよりも深く狙う。ただし、深く探り過ぎるとバリやサンノジの餌食になってしまうので、釣れているレギュラーサイズの30㎝〜1m深いタナを意識して狙ってみたい。狙いのタナを細かに狙うには、全遊動よりもツケエの位置がより確実に分かりやすい半遊動仕掛けがオススメだ。

これからの季節は急な雨やカンカン照りなど、一日の中で天候の変化が大きく、体への負担が大きくなります。釣行前は体調を整えて雨具や日除け、たっぷりの水分(3L以上)を準備して釣行しましょう。梅雨グロで盛り上がる、米水津からのレポートでした。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード