TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

磯は初夏の気配

2013年 6月 15日 13時頃

6月15日、小潮。梅雨グロシーズン真っ只中! 前週のOGTMを一回戦ボーイで終わったオイラ…(泣)。近況ではナイターでイサキが釣れているということなので、リベンジならぬ自分磨きへ深島へ行くことにしました!狙いはクロ・イサキ両方です。ナイターなのですが、家を前日の朝6時前に出発。早起きは三文の徳と言うことで「真徳丸」でレッツゴーです。着いてビックリ、そんなにいないかと思いきや流石シーズンです。すでに4組も…。気合い入ってますね〜、自分達もですけど(汗)。早速船長に挨拶し、一路深島へ。前の日は平日にもかかわらず、磯は満員です。自分達は「森崎バナ」へ上がる事ができ、入れ替わりの先客に釣果を聞くと、ナイターのイサキは二人で15〜16匹ぐらい、日中のクロはエサ盗りの猛攻でお手上げ状態と言うこと。これはかなり厳しい状況かも…。

さて、兎にも角にも仕掛けとマキエの準備も終わり釣り開始。海の状況を見ると確かにエサ盗りのオンパレード! こうなるとガンガン手前にマキエを打ち、磯際に釘付けにします。狙いのポイントには少量のマキエワーク、これが梅雨グロの釣り方の基本パターンです。しかしクロの反応がイマイチなので、先週のトーナメント(OGTM)のために作ったムキムキムキ身〜にチェンジ。これが効果的でツケエのローテーションで釣果を伸ばす事が出来ました。夕まずめのゴールデンタイムは、男のブリ上げ仕掛けの3号で挑戦です。しかし反応は、これまた悪い…(泣)。気分転換にもう1つの楽しみでもあるBBQです。美味しい肉と楽しい話しで盛り上がり、一息したところで再度チャレンジです。暗くなるとイサキの反応が良くなり、手元にバチバチとくるアタリ! 最高〜です(笑)。ここからはコンスタントに釣果を伸ばす事が出来ました。しかし気付けば回りにキビナゴ漁の船が…(泣)。こうなるとアタリが遠くなり、チーンと終了です。

朝まずめに備え仮眠をとるはずが、寝坊してまずめは終了〜。回収の船では皆さんのクーラーの重いこと。やはり「中のハエ」周辺の釣果が良かったみたいです。オイラ達も3人でクロ25枚、イサキも25匹ぐらい釣って満足できました。皆さんも日中は愛情込めたムキ身と、夜は男のブリ上げ仕掛けで挑戦してみて下さい。

T・CLUB/和田昭・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード