TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

シマアジの一発あり

2013年 7月 6日 12時頃

7月6日、中潮。真夏の楠屋沖の舟掛かり釣りと言えば、大型マダイを思い浮かべる釣り人が多いことだろう。ギラギラと輝く太陽をビーチパラソルで凌ぎながら、虎視眈々と大型マダイを狙うのがここでの夏スタイルだ。しかし、今年は春からマダイの動きが鈍く、最近はつっぱり級までのアジの大群が回遊している。そのアジに着いているのがヤズやハマチで、アジの泳がせ釣りでそれらの釣果が上がっている。

さて、青物に引き寄せられたのかどうかはわからないが、この日は50㎝の大型シマアジの釣果があった。ここでシマアジが釣れることは滅多になく、もしかすると今年の楠屋沖は例年とはかなり違う魚の姿を見ることがあるかも?まずは様子見釣行をされてみてはいかがですか?

写真提供=龍栄丸 TEL 0972・82・1502

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード