TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ビッグホールセンターでカワハギ

2010年 3月 26日 0時頃

津久見市の豊後水産ビッグホールセンターでは、ようやく春の訪れを感じるカワハギが順調に上がり始めた。これから5月頃までは狙えそうな気配である。

この日、カワハギ釣りを楽しんだのは、別府市のマツオさん。沖アミ生とゴカイを使用して、体長15~23㎝級のカワハギを9枚の釣果。今年のカワハギは大幅に遅れてスタートしたが、水温の上昇ともに、数釣りが楽しめそうだ。「今のところカワハギがメインの釣り物。アタリが小さいようなので、エサは小さく付けること。枝ハリスも短く1~2㎝程度がオススメ。感度のいい竿で挑んで下さい」とは、同センターの話。ちなみに、カワハギと共に狙えるチヌだが、カワハギが釣れ出したことを考えると、時間の問題…。

写真提供=豊後水産ビッグホールセンター℡0972・82・1295

筆者のタックル

小物竿:3.8〜4.2m 先調子の柔らかい竿

仕掛け:カワハギ専用編込テンビン仕掛け3本バリ

オモリ:ナス型オモリや目玉シンカー 丸型10〜15号

つり太郎WEB内を検索

バーコード