TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

白崎2番でクロの数釣り

2013年 7月 13日 0時頃

7月13日、中潮。夏グロが絶好釣の鶴見湾内へ、高校時の同級生の石井くんと釣行しました。深夜に「釣具スーパーイヴ戸次店」で待ち合わせて、マキエの準備です。沖アミの生5角(15㎏)に集魚剤を4袋(7㎏)、締めて12㎏ものマキエを釣具店で丹念に混ぜ合わせます。今回、このように大量のマキエの準備をしたのはまず、湾内には大量のエサ盗りがいるから。エサ盗りを避わすには、足元にエサ盗り用のマキエを常に打ち続けなければなりません。大量のマキエは、エサ盗り対策の基本中の基本なのです。次の理由は、せっかく磯に上礁するからには、夕方までめいいっぱい竿出しするためです。灼熱の夏真っ盛りの中ではありますが、体力の続く限り磯に立ち続けるのが私のポリシーなのです。もちろん、日射病や熱中症対策を忘れす、氷は2貫、水分は5リットルを準備しています。遅ればせながら使用する集魚剤を紹介します。沖アミとアミのエキスがたっぷりで荒い粒子交じりの「爆寄せグレ」、集魚力の高い「グレパワーV 9 スペシャル」、にんにくの臭いが強くてお気に入りの「グレパワー」、軽い素材がたっぷりの「グレパン」です。ツケエは「くわせオキアミV9」をメインに「くわせオキアミスーパーハード」、「船丸」、「特鮮むきエビ」を準備しました。たっぷりの集魚剤と二人の若者の熱い心を乗せて、午前5時に「速見丸」は有明浦から出船します。

船長が渡してくれたのは「白崎2番」で、ここは上げと下げのどちらの潮も良く、ベストポジションに上礁させてくれたことに感謝です。さて、マキエに海水を足して万遍なく混ぜ終えてから、いよいよ釣り開始です。仕掛けは右ページの通りで、信頼の浮力設定で遠投性に優れる釣研ウキ「エイジアマスターピース/ 01 」をセットします。まずは足元にマキエを打ち込むと、コッパグロにスズメダイがわんさか、正に真夏の磯はエサ盗りパラダイスです!足元にマキエを5ハイ打ち込んでから、ヒシャクでよく固めたマキエを30m沖に打ち込みます。この時に気をつけなければならないのが、飛行中のマキエが途中でこぼれないこと。これがもし、10m 沖とかでこぼれたならば、せっかく足元に集めたエサ盗りが、沖へ向かう道ができてしまうから。もし、マキエがこぼれるようなことがあれば、しばらく足元だけにマキエを打ち込んで、沖を休めるのがベストだと思います。沖のマキエの投入点にウキが着水すると、すぐにクロのアタリがありました。釣り上げたのは30cm級で、まずまずのサイズです。沖ではしばらく、足の裏から30cmまでの口太が釣れ続けました。さて、小気味良いクロの引きを十分に楽しんだので、お次は型狙いに挑みます。

まずは、マキエの帯の周辺でツケエが漂うことをイメージしながら、仕掛けを流してみます。これまでと同様に足元に大量のマキエを打ち込んでから、沖へマキエを1パイ。これまではマキエの帯の中心を狙って仕掛けを投入していましたが、今度は若干それをズラします。すると…、これまでの1ヒロ以内でのアタリがなくなり、仕掛けはまだ流れ続けます。シモって沈下し、薄っすらと見えていた「エイジアマスターピース/01」が視界から消えると同時に、穂先から垂れていた金色の道糸、東レ「スーパーストロングNEO」がスッと浮き上がって一直線になります。それと同時にアワセを入れると、グーンとなかなかの手応えが手元に伝わりました。瀬擦れに注意しながら足元に寄せたのは、40cmはゆっくりあるデカイ口太でした。無事タモ入れしてメジャーに当てると…、この時期にしては超特大の45cm! 小型の中から大型を引っ張り出せた快感は、何物にも替えることはできません! ちなみに使用したツケエは「くわせオキアミV9」でした。さて、マキエの帯の周辺を狙う作戦が功を奏したので、同様の釣り方で狙ってみます。しかし…、エサ盗りこそ沖へ出て行かないものの、30cmまでのクロの数が多くなって、それらがすぐにツケエにアタックしてきます。これは、またもやパターンを変えねばなりません。そこで、ハリスにG5のガン玉を打ち、ツケエの沈下速度をアップさせます。それに加えて先打ちマキエを止めて、ツケエが1ヒロ半まで沈んだ頃にマキエを打つことにしました。すると、35cm大の割りと型の良い口太が釣れ、ふっと潮が弛んだ瞬間、またもや45cm口太がヒットしました。ガン玉にツケエの重さも加わって表層を上手く突破できたのと、ツケエの「くわせオキアミV9」の食い込みの良さが効果があったのでないかと思います。結局この日は、午後4時までに45cmを頭に40cm超を3枚、30cm級は数え切れないほど釣ることができました。

この好釣果の要因は、第一にクロの食いが良かったことが上げられます。食い渋った時はアタリがあってもフッキングさせるのが難しいですが、今日に限ってはアタリがあればほぼクロがハリに食い込んでくれました。次の要因は、マキエワークがしっかりできたこと。足元にエサ盗りをしっかりと釘付けにできたし、厄介なエサ盗りのアジもいませんでした。遠投釣りはしっかりと飛ぶマキエ作りと遠投の効くヒシャク、1・5号以下の道糸、遠投性の高いウキが必要になります。もちろん、仕掛け投入のフォームの研究や、繰り返しの練習がスキルアップには特に重要です。今回は最高の釣果を残すことができましたが、海の状況は日々変わるものです。それに応じていつでもクロが釣れるように、日々クロ釣りを精進したいと思います。最後に、鶴見の海に感謝、大自然にありがとう!

釣研FG東九州支部/MFG九州藪田義人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード