TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

晩夏の真珠山本にて、大マダイ炸裂!

2013年 8月 28日 13時頃

8月28日、小潮。午前3時半に大分市内を出発し、佐伯市蒲江にある真珠山本を目指す。今回は会社の先輩である二ノ宮氏と共に自走船をレンタルし、夏終盤の大マダイを狙う。5時20分、現地に到着。辺りはまだ薄暗く、秋がもうすぐそこまで来ていることを感じとることが出来た。5時半、船に荷物を積み込み出船。最初に向かったポイントは潮通しがよく、比較的水深もあるエリア。マダイだけではなく、ハタ、カンパチなど様々な魚種が期待できる。タイラバのオモリはまず60gにし、ラバーの色はオレンジを選択。船のエンジンを停止し、ドテラ流しで釣行を開始したのだが、潮止まりでもないのに潮がまったく動いていない。普段であればこのような状況は滅多にないのだが、この日は少々様子が違った。おまけに風も微風のため、わずかに船が流れていく程度で広範囲に効率良く釣って行くには少し難しい展開である。

それでも何とか巻き続けていると、二ノ宮氏にアタリが出だす。3度目のアタリで乗せることが出来た。ファーストフィッシュは30㎝ 程のハタであった。目標のマダイではないが魚の姿を確認でき、少しモチベーションを上げることができた。その後も巻き続けるが相変わらず潮は動かず、魚の反応も無いためポイント移動を選択する。次に訪れたのは水深約15mで砂地がフラットに広がるエリア。タイラバをするには少し水深は浅いが、過去に60アップの実績もあり、大きくロケーションを変えたかったため、このエリアを選択した。ここでも二人にアタリが出るがなかなか竿に乗らない。やっと乗せたと思うと小さなエソであった。結局このエリアでかなりの時間を費やしてしまい気が付けば正午をまわっていた。

昼食を挟み、岬の先端に移動し二ノ宮氏が船上フカセを行う。炎天下で体力を失ってしまった私はしばし休み、充電に入る。その間、二ノ宮氏は釣りを続け25㎝前後のクロを続けて上げていく。二ノ宮氏のヤル気と行動力は非常に高く、私も見習わなければならない。16時、私の充電が完了し、再びタイラバを再開する。最後に選択したのは、湾内の潮通しの良い水深20〜23mのエリア。この時、明らかに潮が動いているのを確認でき、フレッシュな個体が入って来るのを期待した。ここで2人ともオモリを60gから30gに変更した。タイラバを少しキャスティングし、まるでバス釣りでルアーを引いてくるように手返しよくキャストを繰り返す。ここで夕まずめも後押ししたのか、ヒットが連発する。しかし、上がってくるのはエソとハタ…。時間的にそろそろ終了かと思い始めていたときに、私の竿に小さなアタリが出た。またエソかと思い巻き続けるとティップが一気に入った。アワセを入れるまでもなく竿にずっしりとした重みが伝わって来た! 竿を叩くような猛烈な引きが手元に伝わり私は大マダイだと確信した。巻こうと思うがドラグを出され全く浮いて来ない。巻いてはドラグを出されを何度も繰り返し、長時間のファイトの末、ようやく浮いて来た。二ノ宮氏にタモ入れしてもらい、上がって来たのは腹パンパンの70㎝、5・6㎏の大マダイであった。諦めかけていたときに出たこの釣果、一日の疲れが一気に飛んでいった。この1枚で本日の釣り終了となった。

タイラバは落として巻くといった非常にシンプルな釣りで誰でも簡単に楽しめる釣り。これから秋にかけてタイラバは本格的なシーズンに突入する。みなさんも真珠山本釣り筏に足を運んでみては?

HN/疑似餌水産安部チャン・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード