TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

マルキユー「遠投ふかせスペシャル」in鶴見湾内

2013年 9月 29日 17時頃

9月29日、長潮。マルキユー・インストラクターの猪熊博之氏は、今秋マルキユーから新発売された集魚剤「遠投ふかせスペシャル」の実釣取材で、鶴見湾内の「ウノクソ」に上礁した。猪熊さんは上礁するとすぐに、マキエの準備に取り掛かる。マキエの配合は沖アミの生1角+集魚剤「遠投ふかせスペシャル」1袋(約3時間分)。「遠投ふかせスペシャル」の封を開けると、甘さとアミエビの混ぜ合わさったような香りがぷ〜んと磯上に広がる。内容物を確認すると赤茶色の大量の粉にムギなどの荒い粒子や、大粒のペレットが混じっていた。これならば、軽い粉から重たいペレットまで海中でスロープ状に拡散し、仕掛けの同調を図るのも容易なことだろう。猪熊さんは入念に混ぜ合わせてから、釣りを開始する。

すぐにマキエに反応したのはコッパグロ、ハゲ、フグなどの大量のエサ盗り。朝晩が寒くなったとはいえ、まだまだ鶴見湾内の磯には小魚が多い。そこで猪熊さんは、鶴見湾内攻略のセオリー通りに遠投でクロへのアプローチを図ることに…。ヒシャクで固めたマキエを約30m沖に打ち込んでから仕掛けを投入し、後打ちマキエを打ち込む。表層でツケエとマキエを合わせるとコッパグロが頻発したので、猪熊さんは仕掛けとマキエの投入のタイミングに変化をつける。仕掛けが馴染んでからマキエを投入すると、猪熊さんの手元からバチバチッと道糸が弾け出る。猪熊さんが軽くアワセを入れると、竿は胴からしなって、これまでのどの魚よりもその重量感が傍目からも伝わってきた。この日一番の魚の正体は、でっぷりと太った38㎝の口太であった。

「使用したツケエは、マルキユー『くわせオキアミスーパーハード/M』。身に弾力がありしっかりしているので、ツケエの取れやすい遠投釣りの時の必須アイテムです。釣り方については、仕掛けとマキエの投入のタイミングを変えることで、マキエの中でも沈下速度の速いタブレットなどの荒い粒子とツケエを、表層よりもやや下の層で同調させるイメージで流しました。手前ほどではないにしても、沖の表層でもコッパグロが多かったので、沈下速度の速いムギやタブレットがその層を突破して、比較的型の良いクロの所まで届いてくれましたね」(猪熊さん)。エサ盗りの猛襲で厳しい中であったが、その後も30〜35㎝級口太を拾い釣りして、秋の鶴見湾内のクロ釣りを楽しんだ猪熊さんであった。この秋はマルキユーの「遠投ふかせスペシャル」で、クロ釣りを楽しみませんか?

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード