TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

シチュエーション毎のグレバリ選択

2013年 10月 10日 17時頃

これからのメインターゲットと言えば口太グロです。今回は私なりのハリの使い分けについて触れ、秋磯で起こり得る場面にどう対処しているかコメントしたいと思います。魚との一番最初の接点であるハリは、状況に応じて号数やタイプを様々に使い分ける事によって、釣果に繋げ易い製品です。特に自分の場合は、できるだけガン玉を使用せず、ハリだけの重みで仕掛けを流したいので、ハリのバリエーションが豊富であることは重要です。また、近年アタリが小さい傾向があり、自分から掛けにいくような場面も多くなりました。そのような時に一発で口元に貫通する鋭利なハリが必要です。そのような理由から、自分はハヤブサの鬼掛シリーズを使用して、クロを狙っています。秋〜初冬にかけてはクロの活性が高い時が多く、浅ダナでのアタリが多く見られます。その時には「浅層グレ(速掛)/オキアミオレンジ」をまず選んで、本命とエサ盗りを見分ける判断材料にします。「浅層グレ(速掛)」はその名の通り自重が軽く、ハリ先が鋭利なため瞬時に掛けるのに重宝するハリです。エサ盗りのハゲ類等が多い場合は、オキアミカラーからいぶし茶に替えて狙ってみます。オキアミカラーにハゲが強く反応するからです。

もう一つこの時期によくある場面は、浅ダナでツケエは盗られるが掛からなかったり、アタリはあるものの食い込みの良くないことなどです。このような場面には、ハリを「極軽グレ」や「浅層グレ(のませ)」に替えます。このハリの特徴は自重が軽いのに、軸がしっかりし折れ難い、ツケエとの同調時間が長く取れることです。エサ盗りが多い時には「極軽グレ」、逆にエサ盗りがいないときには「浅層グレ(のませ)」を多用します。これは自重が「極軽グレ」の方が軽いので、沈下速度を遅くするためです。この特徴によって、マキエとの同調を計りやすくしたり、短軸で違和感を与え難く、なおかつ食い込みもよくなるため、より明確なアタリとして現れるようになります。秋磯には必ずポケットに忍ばせてほしいハリです。

また、いよいよ本番を迎えたトーナメント等で、手返しの速さを求める時には、バーブレスの「競魂グレ」を軸に使用します。トーナメント戦では、できるだけ早く口太グレを掛け、素早く取り込み、次のターゲットを狙うといった繰り返しです。そのため、一つの動作で手間取ることは、ロスタイムとなり、トーナメントでは致命傷になります。バーブレスフックを使用すれば、グレの口元からストレスなくハリを外すこともでき、また何かの拍子に服やタオルに掛けてしまっても安心です。また、返しがない分、貫通力が高いのも特徴です。

秋の深まりと共に、クロの活性が低くなる時期は、「瞬速グレ」を軸に展開させます。これは、約竿1本のタナを想定しています。「瞬速グレ」で釣りをスタートし、仕掛けの沈下速度が自分のイメージより速い時は「広層グレ」に変更、遅い時は「沈め探りグレ」に替えます。これによって、ツケエとマキエの同調を確実にすることで、深ダナのグレにツケエを届けやすくなります。基本は5号から釣り始めます。強風時など海面から上の道糸が引っ張られるような時は、これも「瞬速グレ」を軸に展開させ、仕掛けの沈下速度が自分のイメージより速い時は「広層グレ」に変更、遅い時は「沈め探りグレ」に替えます。自分の中ではわりと軽めのハリを選ぶ傾向が強いと思います。

このハリのローテーションは、半遊動での釣りでも有効となります。仕掛けの角度が重要な戦略になる半遊動では、タナまでどのようにツケエを沈めるかを前述したハリのローテーションで、自分のイメージに近づけるのです。直結から下のハリスが、「ノ」の字の逆、つまり下側に膨らむのではなく、上側に膨らむイメージが理想です。これに近づけるために、ハリをローテーションするのです。

これからのシーズンのグレ釣りは、1日の中で刻々と変わる潮やグレのタナや気候等に、もっとも適したハリを選ぶことが、私のようにできるだけガン玉を打ちたくない人にとっては重要なテーマです。それこそ、「速く沈めたいが、食いは渋いので、できるだけハリは大きくしたくない」や、「大型グロがいるので、貫通性がよくてなおかつゆっくりと沈むハリがほしい」など、釣り人がハリに求める要求は矛盾だらけです。その矛盾した要求を、バリエーションが豊富なハヤブサの鬼掛シリーズなら叶えてくれる場面が多々あります。鬼掛シリーズのグレバリは、パッケージでその用途を想像しやすくなっているのも嬉しいし、一度使うと病み付きになるハリです。それが私が鬼掛シリーズを愛用する単純な理由かも知れません。

MFG九州・TEAM 鬼掛大分県支部/村中浩司・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード