TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

我が愛しのデカブリオ

2013年 10月 10日 20時頃

10月10日、中潮。 近年の坂ノ市一文字でよく目にする釣り人の一群が増加中だ。その釣り人達は、ルアーマン一行だ。他の釣り人達に比べるとエサのない分だけ荷物が少なく身軽で、釣り場ではロッドを片手に沖波止をランガンする。河口や佐賀関地磯などの人気釣り場はひとたびブリが釣れたとなると、釣り人で埋め尽くされて自分の釣り座から真正面にしかキャストができないが、坂ノ市一文字では比較的釣り人が少ないので縦横無尽にキャストができるし、魚へのプレッシャーも釣り人のストレスも少ないし、何よりも釣果に結びつきやすいのがうれしい。瀬渡し代だけで大人が1人、丸一日遊べるならば安いものであるのも、近年坂ノ市一文字でルアーマンが増加している要因であろう。

さて、この日は飯田さん一行が、早朝から夕暮れまでジグでの青物狙いに挑んだ。この日はあいにくナブラが湧かず青物の反応は目で見る限りは皆無であったが、粘り強くジグを打ち返していると、一瞬の時合いに1㎏級ネリゴが連発する。その直後には友成さんの投げた60gのジグが、大きなアタリを捉える。よく引く魚の正体は4㎏級ブリであった。「坂ノ市一文字では日ムラがありながらも、青物の回遊が活発化しています。場所は一箇所に限らず、どこで出るか分からないのが正直な所。広い坂ノ市一文字を、足で隈なく探って行くのが釣果アップの秘訣ですね」(大勝丸)。ジギングはもちろん、泳がせ釣り愛好家にもオススメの坂ノ市一文字ですよ!

写真提供=大勝丸 TEL090・3075・7328

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード