TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

第1回 東レチヌカップ全国大会 九州地区予選

2013年 10月 13日 16時頃

10月13日、小潮。 第1回東レチヌカップ全国大会の九州予選が大分の鶴見湾内で行われた。台風による影響で前週から延期したこともあり、参加人数は30名(当初の予定は40名)。15名ずつが2船に分かれ、それぞれの船の1位が、全国大会への切符を手にする。大会規定は25cm以上のチヌ(キビレ含む)2枚の総重量。夜明け前に出港し、釣りがスタートしたのは午前6時過ぎ。ちなみに今回の大会は、一般の部とは別に東レスタッフ13名もそれぞれ磯に上礁。この13名の中の優勝者も全国大会への切符を手にすることができる仕組みだ。

午後1時の納竿まで釣った結果(スタッフは午前11時まで)、2船が港に戻り検量が始まる。しかし、この日はかなり厳しい状況で、小数名が検量を提出したのみ。そんな中、30名の中で見事1位に輝いたのは、鹿児島の山村さん。上礁したのは「山ノ下」であった。前半は全遊動で探っていたものの、アタリが分からずツケエ(ネリエ)が無くなるので、後半から半遊動へ変更。11時過ぎに竿1本強のタナでメイタのアタリを捉えた。更に正午前には、東レ「ブラックマスターちぬ/1・7号」が手元でバチバチッと弾ける強烈なアタリ! 検量の際、スタッフの度肝を抜く45cmの大型キビレであった(左下写真参照)。

全体2位(第三正幸丸1位)に入ったのは、同じく鹿児島の前田さん。「ウノハエ」に上礁した前田さんは、終始全遊動で臨み、朝一番に捉えた良型チヌでアドバンテージ。更に11時半頃に潮が緩んだ時に出たアタリを逃さずメイタを追加。1枚目は20〜25mの遠投、2枚目は手前に出た潮目に乗せて仕掛けを流している時にアタリが出たとのこと(ツケエは2枚とも沖アミ)。今回は全選手中、この2名だけが規定の2枚を釣るという厳しい状況だったので、お見事という他ない。

東レスタッフの部では、「三栗島」へ上礁した西さん、緒方さん、利光さんがそれぞれ1枚ずつのチヌを釣るという結果となった。その中でも西さんが、午前8 時に竿1 本半の深ダナ釣った1440gのチヌがスタッフ部門への優勝へと導いた。開始して1〜2時間の、この時間帯が一番チヌのアタリが出たとのこと。利光さんは、この時間帯に幾度かあったアタリでハリ掛かりしなかったと悔しそうであった。

山村さん、前田さん、西さんの3名は、来年5月に岡山県で行われる全国大会への切符を手にし、九州の代表となった。そんな3名が今回使った道糸は、全員「ブラックマスターちぬ」。この道糸の良さは、なんと言っても視認性が抜群であるということ。緑のラインが海の上にくっきりと見えるので、全遊動でも半遊動でもアタリを逃し難い。糸でのアタリに苦労している方は、ぜひ一度使用して、その視認性を体感してほしい。

今回の大会は、全体的にチヌの魚影が薄く、水温がまだ高いせいかエサ盗り(コッパグロ・ベラ・カワハギ・ホゴ等)が多かったことなど不運な状況が重なった。これに追い打ちをかけるように強風が吹き荒れ、上潮が滑る2枚潮となったため、かなりの苦戦を強いられた。実際、チヌを釣った8名の方も、釣れた時間以外はかなり厳しい時間帯が続いたようだ。自然相手の釣りなので、これはこれで仕方のないことだが、その中でも見事なチヌを取り揃えてた8名の選手を称えたい。朝早くから参加された選手の皆さん、前日から準備してきた東レスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

使用船=第三正幸丸、速見丸

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード