TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

何処まで続くエギング中毒…

2013年 10月 20日 14時頃

10月20日、大潮。いい加減にチヌの食わせダンゴ釣法に行かんばぁ〜! っと思いつつ、またもや手にしたのは…チヌ竿ならぬエギング竿…。そして向かう先は佐伯市街を通り過ぎ鶴見方面。前回ちょっぴり良い思いしたので、まずは最初に…と思ったのだが、そのポイントには既にエギンガーの先客が…。仕方なく、その界隈の岸壁から探って行き、あっち側からピューン!こっち側からピューンとボトムに落とし、最近覚えた手首に優しい(?)スラッグジャークとやらを軽く三発ポコポコポーン! 数回繰り返し手前まで寄せると寄って来るのは赤ちゃんアオリ…。

次にちょっとだけ水深がありそうなポイントへキャスト。そこからゆっくりシャクリを入れ、張らず緩めずのラインを眺めながらを繰り返していると、エギがボトムに到着して数秒後にラインがス、ス〜! 思わず遠矢釣法みたく鬼アワセを入れたくなりますが、グッとこらえて軽めのアワセ…。それでもチヌ竿と違い竿が短いので、ガツンときます。後はテンションを張ったまま、巻き巻きすれば海面でプシュー! これが何ともたまらんバイ!

ってな訳で、ここら近辺にてコロッケサイズから400g位を4ハイゲット。吹浦港の岸壁からピューンとするも反応無し…。津久見経由で帰ろうと途中寄った上浦の岸壁でコウイカ1パイ含め、合計4ハイゲット! 合わせて8ハイ! 前回の7ハイはクリヤーしたので、この勢いで二桁…っと欲を出したのがまずかったのか、雨が降り出し根性の無い私はすぐさま納竿と相成りました。しかし、刺身とバターソティーはメチャンコ旨かったですよォ〜!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード