TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

良型口太上向き、竿頭は40㎝超交じりで2ケタ

2013年 11月 2日 9時頃

11月2日、大潮。大分市の古池さん一行は鶴見大島の磯に上礁し、夜明けから竿出しした。潮の流れは下げ潮がゆっくり、古池さんはツケエとマキエを同調させながら表層から探ってみた。すると、ツケエが3ピロ近く入った頃に、一気に糸が加速する。釣り上げたのは、35㎝級口太。それを合図にクロのアタリが連発、活発化した時には2ヒロまで湧き上がり、ウキを引っ手繰るような元気なアタリを見せた。お昼前の最干潮までその勢いは続いて42㎝を頭に2ケタ釣りを達成、こ の勢いで上げ潮に突入を目論んだものの、潮が動き始めると意外なことに、魚の活性が全くなくなる。沖ではツケエが丸残り、そこで古池さんは低活性時のクロが棲息する傾向の強い、際釣りに取り掛かる。ハリの近くにガン玉を打って仕掛けの張りを保ちながら、ツケエをゆっくりと深く入れ込む。粘り強く手返しをして、なんとか中型口太を1枚追加したのであった。

福岡県の白川さんは、「枯松」に上礁し、夜明けから竿出し。深く探っていると、竿1本半のタナでイサキのアタリを捉える。イサキを連発させていると、徐々にそのタナが竿1本まで浅くなる、すると、それからクロがぽつぽつと釣れ始めて、午前中だけでクロを4枚、イサキを6枚の釣果を上げる。潮が上げに替わってからは大量のキタマクラが発生して、釣りにならず。それでも、40㎝超の口太が交じり、秋磯を満喫した白川さんであった。鶴見の磯では場所ムラがありながらも、日増しにクロの魚影が濃くなっている。なお、台風通過直後は各所で大型青物が頻発、5㎏超を釣り上げた釣り人もいた。

取材協力&写真提供=第三正幸丸 TEL 0972・33・0896

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード