TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲戸寒グロハシリ

2015年 12月 7日 15時頃

12月7日、大潮。日中の気温がだんだんと下がっており、クロ釣りに行きたいと思っていると、いつもお世話になっている徳田さんから「蒲戸に行こうか?」と誘いがありました。現地で友松さんと合流し3人での釣行です。今回お世話になったのは「第31わこう」。朝5時30分の便で出船です。瀬上がりしたのは「松バエ」。空が薄明るくなってきたところで、早速準備に取り掛かります。

使用したマキエは、沖アミ生3角にマルキユー「イワシパワーグレスペシャル/1袋」、「グレパワーV9/1袋」、「遠投ふかせTR/1袋」を混ぜ込みました。ツケエに同じくマルキユー「くわせオキアミスーパーハード/M」と「特選むきエビ」を用意。ウキは遠投性・操作性にすぐれたキザクラ「D・Flatz74/P・01」にハリスを6m取り、ハリは信頼のおけるハヤブサ鬼掛「速掛グレ(広層攻略)/5号」にすることで、広範囲を探れるようにしました。

朝まずめに期待しつつ足元にマキエを打ってみると、チョロチョロとスズメダイがいる程度。潮はゆっくりと右から左に流れています。マキエを更に5〜6パイ追加し、およそ竿2本先の沈み瀬周辺から釣って行くことにします。仕掛けが1ヒロ半くらいのタナでウキに明確なアタリです。すかさずアワセを入れて上がって来たのはゼンゴ。これを避わすため足元に多めにマキエを打ちつつ、さらに沖目に仕掛けを投入します。しかし、またもゼンゴです。何とかエサ盗りを避わそうとしばらく釣っていると、友松さんの竿が大きく孤を描いています。華麗なヤリトリで上がってきたのは、30㎝級のクロでした。

私も試行錯誤して釣ってみますが、釣れるのはゼンゴやバリばかり…。実際にどのタナでツケエが盗られているか分からなかったので、ウキをキザクラ「D・Flatz74/P・j3」の半遊動にし、3ピロに設定して際から沖へ攻めてみることにしました。すると際の方でウキがすーっと入って行くアタリ! すかさずアワセを入れ、何度かの突っ込みに耐えて上がって来たのは、40㎝ちょうどのクロでした! やっとの思いで釣れた魚はとても嬉しかったです。それから同じように攻めていると、30〜35㎝のクロを追加することができました。その後、徳田さんにもアタリがあり、40㎝オーバーのクロを釣り上げていました。

次第に潮が速くなり、沖の潮の流れの中を攻めても浅ダナでゼンゴにエサを盗られてしまう状況に…。沖は諦めて際から中間距離を攻めてみることにしました。すると時折ゼンゴが釣れるものの、浅ダナでうまくゼンゴを避わすことができれば、先ほどまでのクロがヒットします。少し気持ちに余裕が出来たので周りの磯を見てみると、隣の「一本松」ではコンスタントに竿が曲がっているようでした。

この後、友松さんと徳田さんもパターンを掴んだようで、次から次へとクロを掛けていきます。蒲戸での磯釣りを楽しんだ私たちは、午後3時に納竿。船長に水温などを聞いてみると「今日の水温は19℃。これから水温が落ちてくるともっといい型のクロが釣れだすよ」とのことでした。

久しぶりにクロの数釣りが出来たのでとても満足な1日となりました。これからまだまだ面白くなってくるようなので、みなさんも蒲戸に行かれてはいかがでしょうか?
チーム鬼掛/クラブキザクラ/古庄海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード