TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

タイラバ順調な滑り出し&電動ジギングで10㎏ブリ

2015年 1月 3日 9時頃

1月3日、中潮。2015年の初出港となった「星隆丸」。年始早々の寒波の襲来で、ガクリと水温が下がっている。表層で12〜13度。底はもっと低くなっていると予想され、多少手こずるかと思ったが、意外や意外、蓋を開けてみればそれなりの釣果が上がり安堵の溜息。最大で77㎝のマダイがヒットする釣行となった。

これから徐々に水温が下がる状況に、同船長は、「状況が天候によって左右されやすくなるため、その日に合わせたリトリーブが必要になってくるシーズンです。タイラバのカラーにこれといった当たりカラーは今のところありません。徐々に水温も低下する時期なので、海底の形状に合わせてこまめにリトリーブの速度を調整した方に釣果が上がっているようです」とのアドバイス。

年始にかけては大野川河口周辺で青物がヒットするなど、まだまだ青物情報にも事欠かない(30日には同 船で、10㎏ブリもヒット!)。しばらくは、タイラバ&ジギングで大物狙いが楽しめそうな同船。年始めはやはり大物を一発釣り上げて、今年の釣り運を上げていきたい!


1月3日、中潮。新年早々景気がいい釣果に湧いた一日だった。年末から大分沖に10㎏級ブリが乱入、それを追って初釣り釣行をした「第3ちどり丸」。今回は電動ジギングでチャレンジとなった。ジグを落としたら、後は電動リールの自動シャクリを多用しながら、青物のアタリを待つと、あちらこちらで強烈なブリの引きでロッドを引っ張り回れる。納竿前には全員安打となる初釣りには縁起のいい釣行となった。

昨年はイワシ類の回遊が多く、それを追って青物がまだ回遊している状況。天然ブリは今はちょうど狙い頃&食べ頃となっている。「本年も落とし込み釣りも力を入れていきます」とは、船長のコメント。ベイトが多いだけに、落とし込み釣りでも釣果が爆発しそうな雰囲気がムンムンする。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード