TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

水取りバエで口太の数釣り

2015年 1月 2日 0時頃

読者諸兄の皆様、新年明けましておめでとうございます♪ 本年も長文、駄文の釣行紀ですが何卒お願い致します。毎年の初釣りは2日から動き出す私ですが、今年は久しぶりにナイターからのスタートをしよう! と思いつき、結構な重装備で向かった先は米水津の「若戎丸」。そして今回お付き合いしてくれるのはチーム鬼掛、MFG九州の阿部さん。二人で米水津名物のナイタージャンケンに挑みます。結果4船中、3番目となり、第3希望の「水取バエ」に上礁出来ました♪ 引越し級の荷物を無事に上げて、休憩がてらに昼食をとり、2015年初釣りの準備にかかります。

配合エサはマルキユーの「イワシパワーグレ」、「グレパワーV9 SP」「遠投ふかせTR」を各1袋とし、遠投が出来て尚且つ各配合エサの沈下速度に幅を持たせ、本流や深ダナまで同調を取りやすくしました。ツケエはマルキユーの「グレ丸」「V9/M」を食い込みと身持ちの良さで選び、道糸はサンライン「磯スペシャル・ファインフロートⅡ/1・5号」Pーlon加工により撥水性を高めているのでメンディングもし易く、ラインの送り出しがスムーズに行えます。ハリスはサンライン「トルネード・SV ーI/1・5号」。カモフラージュ効果と強度で選び、ハリはハヤブサ・鬼掛シリーズの「短軸のませ/4号/浅層」、「瞬速グレ/5号」。違和感無く食わせ、ズバリと刺さる貫通力、本流にも対応が出来るハリを状況により使い分けました。ウキはガルツ「匠グレ/ 0号」、「DーSENSE/00号」。自重がありメンディングしても潮筋から離れ難く、仕掛けの送り込みが容易にできて、引き込み抵抗の少ないウキを使い分けました。

用意を済ませて阿部さんと並んで竿を出しマキエを打ち、潮の流れと魚の動きをみると、ゆっくりとした満ちの流れで魚は見えません。すると阿部さんがいきなりの竿曲げを見せます! 心地よく竿を曲げて取り込んだのは35㎝の口太でした(祝)。すると自分にも仕掛けが馴染むと同時にウキが引き込まれ、新年の挨拶が…。取り込んだのは32㎝の口太でした(喜)。二人して新春の相手は本命からと縁起の良い出だし。それからは2人で30〜38㎝の口太の挨拶回りに追われます。すると徐々に流れが速くなり、それとともにアタリも遠退きます。ハリを「瞬速グレ」、ウキを「匠グレ」に替えて速度に合わせてガン玉で調整しながら探ると、阿部さんの竿が今までより大きく弧を描きました! 巧くあしらいながら取り込んだのは45㎝の口太でした(喜)。恵比寿顔の阿部さんに寄って行き、こっそりデカバンパワーを吸収して釣り座に戻ります(笑)。すると流れに乗せてスプールのラインが3分の2位出したところで流れより速い勢いでラインが弾き出されました!竿を立てて応戦すると本流の中で掛けているせいか重さはあるものの、サイズ感が掴めません(照)。最近の体力の衰えに鞭を打って手前まで寄せると、段々抵抗が激しくなってきました!!「ここにきて元気を出さないで〜」とお願いしていると、思いが通じたのかやっと姿をみることができました。良型のクロです♪ そして何とかタモ入れ成功してみると46㎝の口太でした(疲)。

その後も本流の中で釣れ続け、更に同サイズの良型グロを仕留めたところで振り向くと、何やら山の方から白い霧状の雲が近づいて来ました。そう思ったら猛吹雪に襲われている状況(寒)。岩陰に避けてやりすごし、身体が冷えたので阿部シェフの鍋料理を頂き寝床につきました…ZZZ。

翌朝目覚め、下げ潮の時間帯なので船着き近くに移動して昨日のイメージで釣りを再開すると浅ダナではツケエが残ります。ならばハリを「短軸のませ/4号/浅層」、ウキを「DーSENSE/00号」に替えて狙うと竿1本強でアタリ。30㎝の口太でした。それからの流れはフラついて右に行ったり左手前におっつけたりと安定しませんでしたが、何とか30〜36㎝の口太を拾っていきます。阿部さんも状況に合わせながら打ち返していると竿が豪快に曲がり込みました! 昨日の口太を凌ぐ抵抗をみせてなかなか浮いてきません!手前の張り出し根を避けながら格闘の末、阿部さんに軍配が上がり見事48・5㎝の口太を取り込みました!!

港に戻り、別の磯に渡っていたチーム鬼掛、MFG九州の森田君は磯釣り(フカセ釣り)初挑戦の由佳ちゃんに33㎝ の人生初の口太を釣らせる事が出来てました♪ 各磯も、釣果は上々な様で米水津寒グロは最盛期に突入のようです。PS 釣れた魚は最低限だけ残してリリースしました。

チーム鬼掛/MFG九州/ 村中浩司・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード