TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津「テッポウ」とハナレで40㎝オーバー

2015年 2月 1日 10時頃

1月25日、中潮。少し前の話になりますが、寒グロが好釣の米水津に行きました。「功明丸」の見廻り便に乗って沖に出ると、運良く「テッポウ」が空いており、そこへ降ろしてもらいました。仕掛けを左下図の通りにセットし、朝からテンションMAXで仕掛けを入れ込みます。磯釣りの一投目は、何とも言えない高揚感がありますよね。

さて、海の方は数日前から急激に気温が下がった影響で、水温の方もかなり下がった様子。マキエを打ってもエサ盗りはほとんど見られません(湾内方面はまだいるようですが…)。これは釣り易そうだと仕掛けを打ち返していると、すぐに30㎝前後のクロが釣れ始め、その後もコンスタントに竿を曲げてくれます。タナは安定せず、竿1〜2本の間でコロコロ変わる感じでしょうか。しばらく数釣りを楽しんでいると、マキエが効いて来たのか、クロのタナが少し浅くなってきたと感じていた瞬間、竿引きのアタリが出ました! この日一番の強烈な引き込みに耐え、根に潜られないよう注意しながら寄せると43㎝の口太がタモに収まりました。タナは竿1本位だと思います。同行した三重野君も数釣りを楽しみ、この日はリリースも含めて30〜40㎝級を20枚近く釣るこ とができました。噂の米水津の寒グロは順調のようです。

2月7日、中潮。この日は私の所属する「チームヤマシン礁和会」の懇親釣り大会が行われ、前回同様米水津の磯へ向かいました。しかも上礁したのは、前回とほぼ同じ「テッポウ」のハナレ。前回の釣り場がすぐそこという場所です。2 週間経った米水津の状況はと言うと…。結果から言えば、前回のような数釣りは厳しい状況でした。本格的な「寒グロ期」に突入しているようで、全遊動で上から探ってもほとんどアタリが出ません。特に型が小さい個体は、ハリを食ってもすぐに離してしまうのでアタリが出難いです。そこでここは大物狙いだと、半遊動の太仕掛けで瀬際を竿2本強のタナで狙うことにします。ハリスを2号、ハリを8号にして2投目。いきなり強烈なアタリが出て、竿を持って行かれます! 狙い通りの大物にシメシメと思いながら強引にヤリトリをし、取り込んだのは42㎝強のオナガでした!

この後、下げ潮に変わってからはピッタリとアタリがなくなり、全くツケエが盗られない状態が続きました。そういえば、前回も上げ潮が終わったらアタリがなくなりましたねぇ…。結局、この後も納竿までアタリが出ず、今回は数釣りより型狙いの釣行となりました。この時期の型狙いの時は、アタリの出やすい半遊動がオススメです。また、大型の個体は深ダナに潜んでいるので、仕掛けは太めにしておいた方が強引なヤリトリができて安心ですよ。

チームヤマシン礁和会/釣研FG東九州支部所属・高橋鯛企・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード