TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

春告魚メバル釣り

2015年 2月 23日 15時頃

2月23、24日、中潮。今月最後の連休を利用して23〜24日とチヌ釣り&アジングに行ってきました。23日の昼過ぎより阿蘇を出発。途中佐伯の釣具店に寄り、チヌ釣り用の集魚剤を仕入れます。そして目的地の小浦港へ。竿出しスタートしたのは午後3時過ぎで、夕まずめ勝負という事で挑みましたが、そうそう甘くはありませんでした。前回は良型マダイが来ましたが、今回はミニミニチャリコに知らないお魚(熱帯魚みたいな…)たち。結果、チヌ釣り撃沈でした…(汗)。

これはマズイ…。何とかご飯のオカズをゲットして帰らんば…と、第2部のアジングに佐伯港へと車を走らせます。一昨年は1年かけて、とことんエギングに通い何とかマスターし、昨年は1年かけて、とことんアジングに通い何とかアンダー1gのジグヘッドに0・3〜0・4号のエステルラインといった極細ラインにも慣れ、コンスタントにアジをゲットする事が出来るようになりました。アジ特有のアタリが病み付きになってしまった感がある私ですが、チヌ釣りを忘れた訳じゃ〜ありませんよ(笑)。というわけで、佐伯港でのアジング。途中で夕食を済ませ、チョロっと仮眠し、キャストし始めたのは0時過ぎ。それから夜中の3時過ぎまでに、何とかアジ12匹とメバル10匹を確保。これでアジフライが食べれるぅ〜! さすがに「春告魚」と言われるだけあって、釣行のたびにメバルの数が増えてきます。

今回の最大は25㎝と、なかなか引きもスリリングでした。メバルやカサゴは、アジに比べるとアタリが明確に出るし釣り易いので、これからお手軽釣法を始めたい方にはもってこいの釣りと思いますよ。

HN/TEAM遠矢・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード