TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

臼杵「観音崎」で桜ダイ

2015年 2月 28日 17時頃

2月28日、長潮。熊本から大分方面に釣行すると3時間〜3時間半かかるが、2月15日より中九州道の大野〜朝地間が開通し、15分程短縮できるようになった。熊本の釣り人にとっては大変ありがたい。

本日も一人で臼杵の「月見島観光」へ向かう。臼杵・津久見方面への釣行ではエサの確保に苦労する。道中、夜間開いている釣具屋が無く、前日に集魚剤とムギ・ツケエなどを購入し、マキエ用の沖アミだけ船長に解凍をお願いした。朝6時前に到着。今日も人影無く私だけかもと思っていると、しばらくして車が2台入って来た。1台は私と同じ熊本ナンバーだ。今日は私と他2艘の計3艘のようである。本日のポイントは、沖の津久見島の右側にある作り瀬の予定。前回行った「観音崎」よりも水深があり、30mくらい。船長から「マダイは山桜が咲く春先からが良い」とアドバイスをもらった。港を出ると風とウネリが少しある。津久見島に近付いたところで、船長の船が止まった。いぶかしげに思っていると、船長より「沖はウネリが強いので観音崎に戻ります」とのこと。自然相手では仕方が無い、安全第一である。早々に船はUターンして次の場所へと急ぐが、風とウネリに加え船を3艘引いているためスピードが出ない…。また、途中で舟を引いているロープが切れたりと前途多難である。

やっとのことでポイントに到着。私の乗った船は奥側の少し深めの所。他の2 艘のうち1 艘はダゴチン組、もう1 艘は長竿のフカセのようである。早速マキエを打ち釣り始めるが、なかなかラインが入っていかない。潮は小さく上潮と底潮が異なる二枚潮。それに風とウネリがあり、かなり難しい釣りだ。時計を見ていなかったが、10時くらいだろうか? 前方のフカセの2 人組の船で、竿が曲がっている。70㎝はありそうな良型マダイのよう。これを見て時合いかと張り切るが、やはりラインが入らずアタリもない…。船が風に押され、右へ左へと揺れる。いつものことだが、釣りは難しい…。

潮が緩くなった昼前に、たるんでいたラインがスーッと入ったような…。竿を上げラインの糸フケを取り、リールを巻くと何かが掛かっているようだ! 手応えからあまり大きくないマダイのようである。取り込んでみると白っぽいメスの美形マダイ。55㎝と小さいが、綺麗な桜ダイである。その後、昼食も食べずに頑張ったが納竿までにアタリは一度だけ。非常に厳しい釣果となってしまった。ただ、少しずつではあるが、春が近づいてきた気配も感じ取れた。帰宅して釣ったマダイのお腹を捌くと真子が入っていた。ハシリの桜ダイである。次回は条件さえ合えば、今日行けなかったポイントに再チャレンジしよう! 今日も大分の海に感謝。

熊本在住/浅木祐一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード