TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

これから五目のイサキ

2015年 5月 21日 0時頃

5月21日、中潮。
5月も後半となり、日中は汗ばむ日も多くなった。そろそろ梅雨入り、この梅雨が来ると気になり始めるのが船のイサキ釣りだ。

ところが、このイサキも今年の大分県の各魚種と同じように、例年よりも動きが遅れているといった状況。各ポイントで釣れているイサキは、地着きのイサキがメインとなり、数釣りが楽しめるといった状況ではない。逆に言えば、大型イサキがメインとなるため、常連客はこぞって「イサキが釣りたい!」と言ってくる状況。まずは、地着きの大型イサキを狙って、本格的なイサキシーズンの手慣らしとしたい。

この日は、五目狙いで出港した「みくに丸」。ポイント到着後、ぼつぼつと大型イサキが釣れるが、潮が変化するとアタリが遠退くといった状況。瀬の頭に付いているイサキまで、仕掛けをいかに届けるかが勝負の鍵となるが、どんなに頑張っても潮の変化に勝てない時もある。それでも1日頑張れば、ご覧のような大型イサキを手にすることができるとあって、常連客からの「イサキが釣りたい」といった声が絶えない状況。

当然、エサ盗りも多くなりつつあるため、沖アミの生、ボイル、ムキ身など数種類のツケエを準備しておくと、なにかと重宝する。また、船長の指示ダナをよく聞いて、ポイント毎に異なる瀬の頭を狙うように心がけたい。

豊後水道全域を見渡すと、徐々にイサキの魚影も濃くなっている。まずは腕試しと決め込み、地着きイサキとファイトしてはいかがだろう。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード