TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

干潟のデイゲーム

2015年 6月 7日 14時頃

いよいよ梅雨本番。雨の日が続き、海の濁りも一層強くなって来た。この連日の雨は魚にとっては悪条件か、はたまた恵みの雨となるのか。今後の経過が気になるところである。

6月7日、中潮。八坂川河口。ここ杵築方面は潮干狩りが盛んで遠浅の干潟が多い。大潮の干潮時ともなると、岸から50m程沖へ歩けるなんて事も珍しくない。今回はここ八坂川河口で干潟でのデイゲームを楽しむ。午前9時、満潮から下げを迎えた頃から竿を振る。杵築では土日でもアングラーが少なく多くのポイントが狙え、なお且つ魚がスレておらず釣り易い。この日も私と同行者以外にはチラホラと数人が釣りをしているのみで、ほとんど貸し切り状態。杵築のポイントに詳しい同行者2名を引き連れ、まずは干潟を降りて流れの緩やかそうな場所からPE0・2号をメインラインに軽めのバイブレーションをキャストする。

もともと遠浅で水深の浅いエリアのため、カウントは2 秒程度。海底の起伏をサーチしながらゆっくりとリトリーブ。ピックアップ直前にルアーの後ろをついてくる黒い影を確認。慌ててもう一度キャスト。アクションを加えず、同じコースを一定のリトリーブスピードで巻いてくる。すると今度はすぐさまヒット。ナイスサイズのタケノコメバルをゲット。

続けて数投目、40m先の潮目でまたもやヒット。今度はやけに重量感のあるズッシリとした重みが竿に乗る。ドラグは出されないものの、ゆっくりゆっくりとアジングロッドの穂先が絞り込まれる。多少困惑しながらもあげてくると、なんとその正体はヒラメ。型は小さいものの、やはりそこはヒラメ。独特の引きが細糸のPEラインを通してロッドへ伝わる。魚とのスリリングなヤリトリをじっくりと楽しめる。やはりこうした釣りには、ライトタックルが面白い。そうしていると、潮が少し早く流れ始めた。私が遠くを見ている隙に同行者は私が釣っていた隣でバイブレーションを早巻きして、カケアガリ付近で見事にヒット。同様にライトタックルを使い、50㎝クラスのシーバスを仕留めた。

その後は更に浅くなったエリアにポイント移動。ここは川からの流れ込みが強いのか、先ほどとは比べ物にならない流れの速さ。ここでは良型キビレがよく釣れるとの話を聞き期待も高まる。私は同様にライトタックルで、同行者はライトクラスのシーバスロッドに持ち替えて攻めることに。30分程キャストし全くアタリも無かったため、次の移動場所について話し合っていると同行者の竿にヒット。チヌ特有のグングンと力強いトルクのある引き。シーバスロッドが大きく弧を描く。ジワジワと間合いを詰め、最後はそのままズリ上げた。干潟に姿を現したのは43㎝の体高のある良型チヌ。ここからは同行者の独壇場と化した。

その後もワンキャスト、ワンヒットの勢いで良型のチヌ・キビレを怒涛の連続ヒットに持ち込む。同行者曰く、「飛距離が肝」とのこと。確かにヒットするポイントを観察していると、基本的には70m程先の着水後、最初のフォールで食う様子。どうやら干潮時は70m先のブレイクポイントにチヌが溜まっているらしい。私も便乗しようと急いで車に戻り、シーバスタックルを準備し終えた頃には一瞬の時合いも終了しており、結局その後はシーバスはポツポツヒットするものの、チヌのアタリは遠退いた。

ここ杵築の干潟ではルアーはもちろんのこと、エサ釣りも大変釣果が期待できるそうで、これからの時期はイカの切り身で大型チヌが釣れたり、ゴカイでキス、カレイの数釣りが楽しめるとのこと。今度の休日はエサ、ルアーを問わず、皆さんも杵築の干潟へ足を運んでみてはいかがでしょうか。鬱陶しいこの時期の雨が海を濁らせ奇跡の釣果を生み出す恵みの雨に変わるかもしれない。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード