TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見の磯釣りでオナガとクロ(メジナ)

2009年 10月 13日 0時頃

今期初の秋磯。まだ釣果の情報が何もないままどうしても磯に行きたくて、連休を利用して、鶴見にナイター釣行へ。13日の午後12時の便の船に乗り込み、大島を目指す。そこで船長に釣果を聞くと、「クロはイマイチだが日中はイサキとヤズ、夜はアジが良い」らしい。そこで連日好釣という大島の「ウノトマリ」に瀬上がりすることが出来ました。先に瀬上がりしてる人に釣果を聞くと、やはりイサキとヤズが良く釣れてるとのこと。

とりあえず隣で竿を出させてもらい、釣りを始める。潮は上げ潮、ゆっくりと鼻の方向へと潮は流れ、10m沖には潮目が出来ている。まずはその潮を狙うとすぐに青物らしきアタリ! しかしバラシ。次は30cmぐらいのマダイを釣り、それからはアタリが遠のいたので少し休憩。その間に先着の人たちが帰るので、荷物を載せるのを手伝う。そのときクーラーの重みは満タン。すかさず本命のポイントに入り、仕掛けを入れるが手前はエサ盗りが多い。釣り難いため遠投に切り替えて狙うと、シモリ出したウキが一気に消し込まれ、手元までバチバチのアタリ。上がって来たのは35cmのオナガ。この後もう一枚追加し、辺りが暗くなる。ウキが見えなくなったのでフカセは終了。

エギングロッドに持ち替えモイカを狙ってみると、立て続けに5ハイ。サイズが小さいため、次は夜釣りのフカセ釣りに替え、アジを狙うことにする。マキエを足元に打ち、タナを竿1本と1ヒロに設定し、仕掛けを瀬際に流す。ケミホタルを付けたウキが暗闇の海にモゾモゾっと入り、アワセを入れるとアジにしては重みのある引き。海面に浮かせブリ上げようとするが、上がらないのでライトで海面を照らすとなんと40cm近いオナガ!足場に注意し、タモの届くところまで降りてタモ入れ。嬉しい1枚。この後、マキエが効いてくるとアジが釣れ出し、30〜35cmがポツポツ釣れる。10匹ぐらい釣ったところで風もビュービューとなったのでこの日は納竿。

翌日、夜明けと共に竿出し。この日は「ウノトマリ」の鼻で竿を出すことにします。潮は若干上げがまだ流れている状況で、まずは手前から攻める。すぐにアタリを捉え、オナガ、その次は口太グロ。おっ! 今日はクロの調子が良いなっと思ったら、どこからか白っぽい魚影がゆらゆらっとマキエに群がる、なんと仕掛けごと食いちぎっていくエサ盗りはハゴイタ。これは厳しい展開となるのを覚悟し、釣りを続ける。

まずは手前にマキエを入れハゴイタを寄せ、沖を狙う。するとイサキ、ヤズ、クロと朝のうちはポツポツ拾えたが、日が昇るにつれてハゴイタの数がどんどん増えて行き、気づいたらマキエをどんなところに撒いても、全てにと言っていいほどハゴイタが群がっている。どうにかして避わして仕掛けを入れたいのだが…。すると沖のマキエにはよく反応することが分かり、沖に数ハイのマキエを入れ、手前には1パイだけパラパラと打つ程度で、手前に仕掛けを入れるとクロが連発して釣ることができた。この後も苦戦をしながら、いろんな魚を釣り、楽しい釣行となりました。

秋磯は魚種も豊富で楽しむには持って来いの時期です。本格的にクロを狙うのは11月に入ってからが楽しみとなりそうです。その前にいろんな魚を釣って、いろんな味覚を味わうのも良いものですよ。

筆者のタックル

道糸:1.5号

円錐ウキ:釣研エイジア00〜0α

ハリス:1.5〜1.7号

ガン玉:G3〜G5

つり太郎WEB内を検索

バーコード