TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

乗っ込みチヌ元気いっぱい、引きバツグン!

2010年 4月 9日 16時頃

4月9日、長潮。
午前6時、「第三正幸丸」(鶴見地松浦)に乗船し、鶴見湾内の「竹ケ島のどんぐり」に上礁。ここはチヌの数釣りポイントとして有名で、50㎝級の大型も望める場所だ。足元から竿3本先までが浅瀬で、その先のカケアガリから沖が狙いのポイント。そういった理由から、遠投対応しなければならない。ウキは釣研の新商品「GTシートス/5B」、ラインは1・5号を選択する(浅瀬対応で太めのラインを使用したかったが、横風が気になり遠投を優先)。マキエが効き始めるとフグの猛襲が始まる。本命の時合いまで我慢してマキエを打ち続けることを決めたが、次第に横風が強くなりマキエがカケアガリまで届かなくなってしまった。そこで、釣果のないままお昼頃に、「トギレのハナレ」に瀬替わりした。

「トギレのハナレ」は4日に行われたチヌ釣り大会で、優勝者の上がった釣り場。実績があるし、遠投の必要がないので、釣果を期待できそう。タナを竿1本と1ヒロに設定して、竿2本先を流してみる。ウキは鮪浦方向へゆっくり流れ、沖に張り出した沈みの辺りで、勢いよくウキが引き込まれた! 軽くアワセを入れると、手応えは小型魚のような…。ハリに掛かったのは、20㎝級ホゴ。しばらく打ち返していると、同型ホゴが3連発。今時期の波止周りのチヌは、底べったりで狙うのがセオリーだが、磯チヌは波止周りに比べて浮く傾向があるので、タナ設定を変更する(竿1本と矢引)。しばらく打ち返すが、ツケエが残るばかりでチヌの反応が無い。

午後1時頃、流れが若干緩む。試しに際に仕掛けを投入すると、勢いよくウキが海中へ引き込まれた!即座にアワセを入れると、竿に乗った瞬間に強烈な走りを見せる! 竿にためて最初の走りを耐えると、穂先をコツコツとノックする手応えが伝わった。間違いなく、チヌだ。タモ入れされたのは、40㎝級のナイスサイズであった。磯チヌは魚体が美しく、いつ見ても惚れ惚れ。しばらく際でチヌのアタリが続き、ポツポツと数を重ねる。「チヌは地形を釣れ」という格言があるが、今日は際が当たりポイントのようだ。

しばらく打ち返しているとチヌのアタリが止まってしまう。流れが沖への引かれ潮に替わり、今度はその流れの中を狙ってみる。マキエをたっぷりウキの周囲に打ち込んで仕掛けを流すと、今度は竿引きのアタリが手元を襲った! 慎重に寄せたチヌは、この日最大の45㎝級であった。前述した通り、チヌは地形を釣るのが基本であるが、活性の高い時期はマキエに反応して、流れの中で浮き上がるので、潮に変化のあるときは釣り場のローテーションをするなどして、必ず流れの中も狙いたい。午後3時までに40㎝級チヌを6 枚釣り、納竿したのでした。

この日の鶴見湾内ではエサ盗りの姿がなく、ツケエは沖アミの生だけで充分であったが、今後はエサ盗り対策に加工沖アミやネリエの準備が必要(マルキュー「くわせオキアミスーパーハードチヌ」「くわせ練りエサ・チヌ」など)。なお、遠投釣りの準備を忘れずにして下さい。
釣研FG東九州支部/赤峰雄紀・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード