TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

初秋の米水津 クロ釣り堪能!!!

2015年 9月 5日 16時頃

9月5日、小潮。朝晩と涼しくなり、秋の気配をうっすらと感じるこの頃。「夕まずめのオナガを狙う」という気持ちを高々に、北九州から9名で米水津に出掛けました。渡船は「功明丸」さんにお世話になり、のんびりと11時に出港です。まずは2 〜3 名に別れて、「平瀬」、「キナル」、「丸バエ」と上礁します。私と江藤さんは最後に「横島2番」に上礁。船の上から沖の方で海面が騒がしく変化のある場所を発見。「これは湧きグロだ!」。初めて見る光景に感動です。磯に降り立つと海はウネリがあり、正面の釣り座は波が駆け上がってきます。時折、大きな波が岩にガツンと当たり、頭から波しぶきを受け足元もびっしょり。最初に荷物を裏の高台に移動させて、マキエ作りからスタート。用意したのは、沖アミ生3角に釣りまんの集魚剤「グレナビ/3袋」です。まずは36㎝のバッカンに沖アミ生1角とグレナビ1袋を混ぜ合わせます。久しぶりのクロ釣りにワクワクした気持ちが今にも溢れ出そうです♪

正面の釣り座から慎重に釣りを開始します。仕掛けは、中ハリスを2ヒロちょい取り、釣研「エイジアマスターピース/01」を使用。湧きグロを見たせいか、タナは浅めではないかと判断します。足元にマキエを打ちながら、左斜め竿2本先にも集中して打ちます。すると第1投目から幸先良く本命のクロをゲット!続いて2投目もヒットし、サイズアップして35㎝のクロが登場〜!流れの中でクロが湧いているのを感じます。調子よく続いてほしいところですが、引きが強い上に竿を叩いてくる魚、バリが来ました。奮闘した結果、ハリスがズタズタになっています…。もたもたとハリス交換をしている間に、ウネリがかなり強くなってきました。今度は仕掛け投入と同時にすぐにラインが流され、手前の瀬に引っかかりそうになります。それでもそのまま流してバチバチとクロのアタリはありますが、場所が場所だけに取り込みが困難。手返しの度にハリス交換になります。

そんな折、裏手で竿出ししていた江藤さんが正面に戻ってきました。クーラーにはクロ・カワハギ・マダイと魚種も豊富です。加えて左のハナレでは、釣り開始と同時に入れ食いモードでクロを次から次へと釣り上げています! 私も気持ちを切り替えて、右斜めの「横島3番」前に狙い変更。右流れの潮に乗せて、クロが釣れることを期待します。勢いある波がラインをぐんぐん引っ張っていきます。更に加速と思いきや、クロの強烈な引き〜! 慌ててヤリトリ開始です。右に左に元気の良いクロです。流れのせいか重たさも倍増。やっとの思いでタモ入れしたのは、40㎝ オーバーのクロでした。綺麗な魚体を見て、喜びいっぱいです。

午後3 時になり、今度はみんなで「横島3番」に瀬替わりします。ワイワイと楽しく過ごせる釣りは本当に楽しいです。また、人の釣りを見て勉強が出来るというのもありがたいです。まずは、際狙い。仕掛けを立たせてゆっくりと潜らせて…、のつもりが予想外に一瞬でウキが消えて、手元のラインも弾けます。魚の勢いに負け、ラインを出し過ぎてしまって瀬切れ。驚きと共にこれがあるから釣りはやめられない(笑)。その後は、みなさんも苦戦。単発的な大きなアタリはあるものの、魚優勢で姿を見ることは出来ず。また沈黙の時間も多いです。しかし、ついに来た! 夕まずめのゴールデンタイムに江藤さんの竿が綺麗にしなります。難なく取り込んだのは、40㎝オーバーのクロでした。タナは竿2本くらいとのこと。クロの魚体は真っ白です。更に江藤さんの竿が大きく曲がります。そのヤリトリを見て分かります。こ、これはマダイだと! ゆっくりと丁寧な竿さばきで、マダイを誘導しています。そしてタモからはみ出しそうなマダイに感嘆の声が上がります。65㎝ オーバーは余裕である感じでした。私もいつかは磯でマダイを釣ってみたいです。すぐ隣で一部始終を見ていましたが、釣りは感動を与えてくれますね。

夕暮れまで米水津の磯釣りを楽しむことが出来ました。全体的には渋く厳しかった釣りだったと思いますが、その中でも貴重な魚を釣り上げることが出来て、いい経験をまた積み重ねることが出来たなと思います。いつも安全な釣行をサポートして下さる「功明丸」の船長さんにも心から感謝です。無事に帰り、クロの刺身を堪能して幸せいっぱいの私でした。

岡本みどり・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード