TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

秋磯様子見釣行 宇戸の地〜白崎1番

2015年 9月 23日 15時頃

9月23日、若潮。朝晩めっきり寒くなり、秋が近づいてきました。大型連休となった今年のシルバーウィークは、天候にも恵まれて釣り日和となったのではないのでしょうか? 私は連休最終日に鶴見の磯を調査してきました。ここ最近はチヌ釣りばかりしていましたが、秋磯開幕やこれから始まる大会等に向けて、練習がてら鈍ったクロ釣りの感覚を取り戻したいと思っての釣行です。しかし連休最終日の天気予報は、生憎の空模様でした。久しぶりの磯釣りで雨というのは気分が乗りませんが、それも練習の一環と考えて鶴見に向けて車を走らせます。

午前5時、港に到着。連休最終日とあって釣り客は私を含めて7名ほどでした。とりあえず船長は沖磯を見に行ってみようと沖へ出ましたがウネリで断念…。湾内に戻りつつ空いている磯を見ますが、やはり名の知れた磯は人が乗っています。私は「宇戸の地」に上げてもらいました。釣りの準備を始めようとすると、まさかの豪雨が降り出して一時傘でしのぎます。40分ほど降り続くと、辺りはすでに明るくなり、慌ててバタバタと準備。事前情報では鶴見湾内はエサ盗りが多く、型も望めないとのことでした。このような状況なので、今回は「エサ盗りと本命をしっかり分離し、キーパーサイズを拾う」というテーマでやってみました。

私が用意したマキエは沖アミ生5角に集魚剤5袋。マルキユー「グレパワーV9徳用」、「グレパワーV9スペシャル」、「グレパワーV10スペシャル」、「遠投フカセスペシャル」、「グレパワー遠投」です。ツケエは「くわせオキアミスーパーハード/M」と「グレ丸」。仕掛けは道糸、ハリス共に1・5号、ウキを釣研「エイジアマスターピース/01」、ハリはグレバリ4号から開始してみます。

1投目、足下のエサ盗りが高活性なので、25m付近にマキエを3バイほど打って同調させると、すぐさまウキに反応がありキーパーサイズが釣れました。やはり事前の情報通りクロの型は小さいです。それからもマキエと仕掛けの投入をピンポイントに行うと、1投1枚で釣れます。しかし誤ったマキエワークをしてしまうと、エサ盗りが沖へ出てしまってツケエを盗られてしまいます。なので常に足下にマキエを打ち続けることが重要です。

キーパーサイズが飽きない程度に食ってくれるので楽しいですが、やはり欲が出てしまいます。そろそろサイズアップしたいと考えて、どのように釣ればサイズアップするかいろいろ試してみました。現状況では表層のクロの下に良型グロは確認できず、全て同じサイズのように思えました。とりあえずはセオリー通りにマキエと仕掛け投入のタイミングを計り狙ってみます。10秒…、20秒…、30秒…。30秒ほど置いて投入するとサイズアップに成功!さらにサイズアップをするためにハリを替えたり、ツケエを替えたり、遠投したりとしてみました。次第に潮も変わり、イズスミやバリ、たまに70㎝級のボラが遊びに来てくれて、楽しい引きを味あわせてくれました。肝心なクロのサイズですが、30㎝あるなしが精一杯でした。そこでタイミング良く船長が迎えに来てくれたので、ここで瀬替わりすることにします。

しかし、瀬を見回してもどこも似たような状況です。「地下の平岩」や鶴見半島先端は空いてなく、「白崎1番」に上がりました。梅雨時期はよく釣れた「白崎1番」ですが、状況は前の磯と同じくエサ盗りが多いです。さらに強風が吹き寄せて邪魔されます…。強風時のマキエと仕掛けの同調の練習にはなりますが、ちょっと強すぎました。特に遠投はすごく難しく、今後の課題となりそうです。しかしそんな中でもきっちり同調させると答えが返ってきます! 魚種豊富な「白崎1番」は、クロ、チヌ、カワハギ、シマアジと色々な魚達が竿を曲げてくれます。こでも70㎝級のボラもやってきました…。結局この日は、天気予報とは裏腹になんとか1日天気が持ってくれました。秋磯開幕! にはちょっと早いようにも感じましたが、トーナメントなどの練習にはもってこいの状況で、とても良い練習ができたと思っています。

クロは「白崎1番」で最大30㎝ちょいと、やはり型を出せなかったのは残念ですが、マキエワーク、正確な仕掛けの投入の重要性を改めて実感した釣行でもあり、多少自信にもなりました。一つの本命ポイントだけじゃなく、エサ盗りが本命ポイントに出てしまった時、もう一つの本命ポイントに投入したりと、マキエワークで魚を散らしつつ、本命ポイントに集めて避わす! といった感じで数を伸ばしていきました。これから秋磯開幕に備えてシーズンを楽しみたいと思います。

MFG九州/釣研FG東九州支部/藤山翔也・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード