TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

混雑を避け、蒲江のイカダ釣りを楽しむ

2015年 9月 20日 13時頃

9月20日、小潮。朝晩も涼しくなり、夏の間はアユ釣り一色だった私も「そろそろ海に行きたいな〜」と思っていました。そんな折、幼馴染の後藤君から「シルバーウィークのどこかで蒲江にマダイ釣りに行こう」と誘いがあり、20日に西野浦にあるヤマクマリーンのイカダで釣行して来ました。ここは「焼尾鼻」の前に浮かぶ沖イカダで、チヌ・マダイ・アジ・ヒラメなどが狙えます。連休中でもあまり混雑していないので、のんびりと竿が出せるのが嬉しい穴場的なイカダなのです。

午前7時、イカダに渡してもらい早速仕掛けの準備に取り掛かります。道糸は東レから新しく発売された視認性抜群の「アイサイト」。これにウキは釣研「エイジアL C /5B」を通した半遊動仕掛けで陸向きに釣り座を構え、カケアガリを狙います。すると早速、隣で釣っていた後藤君が「キター」と竿を曲げています。上がって来たのは45㎝程の綺麗な食べごろサイズのマダイでした。羨ましい〜。その後も頻繁にウキにアタリがあって楽しませてくれますが、アタってくるのは手の平〜足の裏サイズのクロで本命のマダイではありません。そこでツケエをネリエに変更して狙ってみると、いきなりウキが消し込みます。元気いっぱいの引きで楽しませてくれたのは、35㎝程のサンバソウでした。

その後はアタリが遠退き、これぞ蒲江という感じでのんびりとした時間が過ぎて行きます。潮が下げ潮になったので、陸向きのカケアガリ狙いから沖向きの深場狙いに変更。ウキも釣研「瞬黒沈め」に変更し、全遊動沈め釣りで中層〜深場までを探りながら狙う事にします。沖に先打ちマキエを10パイ程打ち、仕掛けを投入。しばらくすると、バチバチっと道糸がスプールから弾き出されます。アワセてヤリトリを開始すると、魚は一気にイカダの下に潜り込もうとします。海中に竿先を突っ込み耐えますが、フワッと軽くなってしまいました。ロープにハリスが擦れてしまったようで、ハリスがザラザラになっていました。

気を取り直して再度狙うと又もアタリがあり、今度は根に潜られたか? 底に沈んでいる何かに引っかかったのか? 急に動かなくなりました。張らず緩めずでしばらく待っていると、魚が動き出したので一気に巻き上げます。上がって来た魚を見てビックリ! 正体は40㎝オーバーのマハタでした。この場所で30㎝ぐらいまでなら釣ったことがありますが、まさかこのサイズが釣れるなんて思ってもみませんでした。これはかなり嬉しいお土産です。

その後は30㎝ 近いアジを1 匹追加した所で、船長が迎えに来たので納竿としました。本命のマダイは釣友の後藤君に1枚だけでしたが、サンバソウ、マハタ、アジと美味しいお土産を確保し、大満足の釣行となりました。是非皆さんもイカダの上でのんびりと釣り糸を垂らしてみてはいかがでしょう? 思いがけない魚が楽しませてくれるかもしれませんよ。

釣研FG東九州支部/利光健一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード