TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2015年の渓を惜しんで

2015年 10月 11日 0時頃

10月11日、晴れ。この日は以前からネットで見て行きたいと思っていた上津江村フィッシングパークへ。大雨や週末の仕事で今年の渓流釣りシーズンを完全に逃してしまったため、寒くなる前にせめて一度は渓魚との戯れを楽しむべく、期待の釣行。

前日からキャンプ場入りし、街の喧騒を離れた山里の静かな夜更けを酒とともに楽しむ。冷蔵庫、炊事用具、寝具などもすべて備わった清潔なロッジでのキャンプは快適そのもの。テント派の方から見たら軟弱に映る屋根付き暖房付きのキャンプだが、自家用車で手軽に行けるのでハードルが低いのが良い。明け方に雨が降り少々気をもんだが、小降りのままじきに収まり、ゆっくりと朝食を取ってチェックアウトの後、隣の管理釣り場へと向かった。先行者を嫌って朝一番に川へ入る本来の渓流釣りと比べたら、これもまた軟弱なのだが、楽しむことがまず大事。

コロラド州の冬の凍り付いた川で、氷の割れ目からテンカラ釣りでブラウントラウトを釣った2年前の冬を思い出す(あれは荒行的な自虐な楽しみとなっていた感がある)。毛バリをやるつもりで準備して行ったのだが、別の管理釣り場の情報が自分の記憶の中でまぜこぜになっていたようで、ここでは毛バリはダメとのこと。イクラを購入してエサ釣りに切り換える。ここでは渓流が区画に区切られていて、定額の料金を支払うとニジマスを10匹放流してくれる。偏光グラスで見ると、区画内には既に5〜6匹の残りマスが泳いでおり、自然の渓流釣りと比べればありえないほどの魚の密度だ。それでも区画内のどこでも釣れるというわけではなく、水温が下がり始めたものの、まだ活性の高いマスたちは本流の深みを行ったり来たりしながらも、時折流れの緩い浅瀬にも高速で巡回しているのが見える。

最初のうちは中層を流れるイクラにも果敢に食いついてきたマスたちも、しばらくすると興奮収まり、逆に警戒心が出てきて深みでじっとするようになる。そこでウキ下を調節して緩めの流れの中を底近くをイクラが転がるようにしてやると引き続き食ってくる。国際色豊かな立命館アジア太平洋大学(APU)の学生グループに、ポイントや仕掛けの投入の仕方、流し方を教えながらの釣りになった。あちこちで初めて掛けた魚に歓声が上がる。魚を外せない女の子たちの間を走り回り、その間に写真も撮り、自然の渓流釣り並み(?)に岩から岩へと走り回ることになった。東京とはまた違った大分県の様々な地域を多くの留学生たちが見てくれることは、県の観光の潜在性を引き出すことにもなるかもしれない。

マスたちが次々と釣り上げられていく中、小さなアブラハヤを3匹連続でハリ掛かりさせた女の子もいて、アワセの反射神経の良さが感じられた。2時間の釣りはあっという間に終わり、近所のユーモラスな看板に導かれて行ったお蕎麦屋さんで、ヤマメの塩焼きのお昼を摂る。紅葉の走りの赤が混じりだした山々を後にし、釣ったニジマスは甘露煮にしてみた。

HN/ゆけむりのさむらい・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード