TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

深島状況最前線

2015年 10月 12日 15時頃

10月12日、大潮。早朝4時、深島「ソーノハエ」に上礁。今回は釣りという趣味を通じて繋がった佐藤君と佐々木君の3名での釣行です。夜が明けるまで温かいラーメンを食べながら釣りについて熱く語り、夜明けとともに仕掛けの準備を開始します。この日は天気が良く、絶好の気分で朝6時頃から竿出しを開始。マキエは沖アミの生5角と、いつも愛用している集魚剤マルキユー「グレパワーV9徳用/2袋」と「グレパワーV10スペシャル/1袋」を配合し、遠投が効くようにしっかり混ぜ込みました。仕掛けは竿が1・25号、ハリスと道糸が1・5号で、ハリはグレバリ5号を使用し、ハリスは約8mとってウキは上層部から探るイメージで、釣研「エイジアマスターピース/01」をチョイス。

まず初めに足元にマキエを打つと、コガネスズメダイが顔を出したので、活性は高そうだと判断。そんな矢先、先端で釣りをしていた佐藤君がヒット。しかし魚がデカすぎたのか、一瞬でハリスを飛ばされてしまいました。佐藤君はハリスをワンランクアップさせて、再度仕掛けを投入。すると再びヒット! しかし今度もヤリトリの途中の力強い引きに耐えれずに痛恨のバラし…。その後、佐々木君もヒットさせますが、今度は道糸から飛ばされてしまう…。正体不明ですが、蒲江の魚の強さを痛感させられました。

私はナブラが湧いた瞬間を見逃さず、ルアーを準備して1投。いきなりゴツゴツっとしたアタリがあり、アワセを入れるとしっかりフッキング! ヤリトリの末に約3㎏程のヤズを釣り上げました。その後、無反応が続きましたが、沖の方で海面がざわざわし始めたため、再度ルアーをミノーに変更してキャストします。するとまたもや、いきなりヒット!上がって来たのは、嬉しいお土産のカツオでした。

さて、フカセの方に戻って再度マキエを打ちますが、下げ潮のせいで水温が下がったのか、エサ盗りの反応も悪くなります。午前10時に船長が見回りに来たので、ここで瀬替わりをする事しました。私たち以外の釣り人も良くなかったらしく、船長が「屋形島に行ってみよう」という一言で、屋形島の「ブダイバエ」へと瀬替わりします。

上礁してすぐにマキエを打つと、キタマクラとイワシがちらちらと顔を出してきます。水深が10mあるということなので、ウキを釣研「エイジアマスターピース」の01から0へ変更。まずは竿1本先に仕掛けを投入します。するとツケエがマル残りとなって返ってきたので、ここもダメかと嫌な雰囲気…。午後1時頃の上げ潮に期待し、何度も何度も仕掛けを打ち返すと、ようやくエサが盗られるようになってきます。魚の反応に変化があったと感じ、ポイントを5m程変更して仕掛けを投入します。するとウキが消し込むアタリが出て、すぐにアワセを入れると、上がってきたのは30cm級の口太! 更に同パターンで仕掛けを投入しますが、後が続きません…。今度は約20m先にある沈み瀬付近に仕掛けを投入してみると、答えはすぐに帰ってきました! これが33cmの口太で少しサイズアップできました。やはり沈み瀬周りは、狙いのポイントとして捨てがたいと痛感します。

横では佐藤君がヒットさせますがイズスミ…、佐々木君もヒットしますが、これもまたクロではなくバリが顔を出しました。その後も中々クロの姿を見る事ができず納竿。本命のクロがあまり釣れない状況でしたが、今回は釣りの趣味を通じて新しい友達が増えた事に感謝する一日でした。まだ本調子とはいかない蒲江ですが、これからが徐々にハイシーズンとなります。潮次第では期待以上の釣果に恵まれると思いますので、今後に期待して再び足を運びたいと思います。

釣研FG大分県支部/城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード