TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

バイクでラン&ガン エギングin大入島

2015年 10月 18日 17時頃

10月18日、中潮。近年、バス釣りのオフシーズンに楽しむソルトルアーフィッシング。私のように、バスとの両刀組や新規参入者でアングラー過剰となった今は、有名な波止は数多くアングラーが入り込み、とても釣りが出来ない状態に…。それなら、バイクでランガン。朝5 時過ぎに自宅をスタートします。途中、釣具店やコンビニに寄り道しても7時前には佐伯市の大入島観光フェリーの乗り場に到着しました。渡航費は、バイク込みで400円。往復で800円と格安。車なら、この4倍必要となります。

7時45分出港。8時入島で、釣行スタート。まずは、タックルをセッティングして石間のフェリー乗り場横、堤防の切れ目からキャスト開始です。昨年、大入島釣行の帰り際にここでコウイカのキロアップを釣ったので、夢よ再び! を狙いましたが不発。ロッドを真ん中で外し固定して、本命の日向迫に向かいます。まずは地磯で釣り始めます。開始数投で、エギをロスト。また、数投でロストと散々な出足。遠投を諦めエギのサイズを2・5号に落としますが、潮に流され狙いのラインを通せません。結果、3号をベストとしてキャストを続けると10m先の岩の裏から飛び出したモイカが、グリーンのエメラルダスに抱きつきます。波裏で一部始終を確認しながら軽くアワセて、1パイ目をゲット。今年のモイカはまだ小さい。と、聞いていましたが、確かに300gクラスです。

その後もこの地磯で粘りましたが、昼前の満潮が迫ってきたので移動です。次は塩内の塩ケ谷港の堤防に向かいますが、途中、道路際の磯周りを数か所、道路の路肩から狙います。バイクだから打てるポイントですが、残念ながら不発。そこで、堤防の先端から島側の藻場を深めに狙います。エギはハヤブサの「乱舞V3/3・5号」。これでコウイカを1パイ追加。さてさて、どうも陽が昇るとダメって情報もその通りだったようです。ならば、地磯狙いを徹底しようと、島の反対側へ。途中、堀切・片神の堤防に浮気しながらも、高松裏から先の地磯を目指します。

潮が引き潮から満ち潮に切り替わる時間帯から、これらのポイントを路肩から堤防越しにランガンしていきます。浅い水深に水平でクイックな動きが必要とされることからエギはマルキユーの「ダートマックス/2・5号」にします。思いっきり遠投して、少しでも深い所でイカを誘いながらも手前の浅場では岩裏にいるイカにリアクションでバイトさせようという狙いです。これがハマってバイトが3回あるも、浅場でのバイトは中途半端ですっぽ抜け。結局、1 パイのモイカを追加し終了〜。でも、これが500gオーバーだったので、まぁー良いか。ってな感じで、帰路のフェリー乗り場へ。島内でも40㎞程走行していたみたいで、総走行距離160㎞。疲れはなかったです。はい。

サンラインフィールドテスター/安藤美治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード