TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

ベイトフィネスタックルで30㎝級カマスの数釣り

2015年 11月 16日 12時頃

11月16日、中潮。皆さんこんにちは。山の木々も緑から茶色へ変わり始め、肌寒くなってきましたね。景色や肌に冬を感じながら、毎日釣りに出掛ける大入島の光太です。さて、今回はベイトフィネスタックルでライトゲームを満喫した釣行紀を紹介したいと思います。私は最近「ベイトフィネスタックル」を多用しています。ベイトフィネスという言葉はバス釣りでよく聞くイメージですが、最近では技術革新によって軽いルアーまで使用にできるようになり、このライトソルトゲームでも使われるようになってきました。専用のロッドとリールが必要になりますので、参考までに左下の仕掛け図をご覧下さい。

そして今回のターゲットとしたのは、最近港内にまで入ってくるようになった「カマス」です。とても大きな群れで入って来るので、これだけいれば狙わない理由はありません! カマスはメタルジグやアイスジグ、それにワームなどで釣れますが、色々試した結果、最も効果があるのはワームによるダートの釣り(ワインド釣法)ということが分かりました。竿先を上下に動かしながらリールを巻くことで、ワームを左右にダート(突進)させるアクションは、カマスだけでなく様々なルアーのターゲットに効くので、覚えておきたいメソッドです。そしてもちろんこのメソッドもベイトフィネスタックルを使用します。

今回のポイントではジグヘッドの重さは2g程度が一番マッチしました。このサイズならベイトフィネスで扱えるし、スピニングリールに比べてフリーフォール中のアタリが取りやすいことと、ヤリトリ中にパワーがあるといったメリットがあるからです。また、数十日前にカマスが湾内に入ってきた当初は表層で釣れていましたが、今は少しレンジを下げないと反応がイマイチになりました。ですがレンジさえ合えば入れ食い状態で、しかもアベレージは30㎝弱と十分に引きを楽しめるサイズ。この日は10分前後で15匹ほど釣りました。そして、ここからがお楽しみ!釣りたて&新鮮なカマス達を七輪で焼くことにしました。ついでに先日釣ったイカも焼きます。醤油を垂らすと炭にかかり、屋台のあの匂いがして、ますます食欲をそそります。口に入れる前にヨダレが出る「あの感じ」です(笑)。食べてみると、やはり期待を裏切りません! たまらず「やばい、うまっ!」と声をあげてしまうほと美味しかったです。これがあるから釣りはやめられません。

今、島で釣れているカマスのサイズだと、とても引きます。釣って楽しい&食べて美味しいカマス。まさに今がチャンスなので、皆さんも是非チャレンジしてみてください!

戸河光太・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード