TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津の磯でラインが弾け飛ぶ

2015年 11月 21日 15時頃

11月21日、長潮。本来ならば北浦にて2日釣りするつもりでいたのですが、天候に恵まれずに中止して、天候がいい連休初日に大分県佐伯市米水津に釣行してきました。今年は水温、気温が高くてクロの食いがまだ本調子ではない米水津。良い情報もないまま、沖黒島か半島がいいのかもわからない様子。最近は鶴見、北浦釣行が多かったため、プライベートではかなり久しぶりとなる米水津でした。

港に着くと寒グロをまだかまだかと待ちわびる多くの釣り人で賑わってます。出港して各磯に降ろして最後に残った私はどこに行こうかと迷いました…。降り立ったのは「サザエバエ」です。港を出てすぐの磯ですが、一年を通して安定した釣果が望める磯です。また寒グロ期には50㎝級も出ます。さて今回のマキエは沖アミの生4角に、マルキユーの「グレパワーV9徳用」、「遠投フカセスペシャル」、「グレの道」、「超遠投グレ」を各1袋ずつです。そしてツケエは「くわせオキアミスーパーハード/M」です。海の状況を伺うと、米水津名物キタマクラがわんさかいます。潮もよく通すので、ウキを釣研「エイジアマスターピース/02」から開始します。足元に数杯マキエを打ち、いかにも食いそうな沖の潮目に6パイほど打って仕掛けを投入。1投目からラインが弾け飛び、30㎝ほどのオナガがアタリます!40mほど沖で、尚且つ潮の流れがある所で食ってくるオナガは中型にもかかわらず、元気一杯で楽しいヤリトリができます。アタリは明確で、1投毎にラインが弾け飛ぶのでとても楽しいです。少しでもマキエと離れると食ってきません。当たり前ですが、マキエワークと仕掛けの投入はとても重要です。1投1投より正確に合わせるようこれからも練習あるのみです。

今回新発売となったマルキユーの「グレの道」と「超遠投グレ」を混ぜ合わせることによって、より遠投が効いて難なく狙いたいポイントにマキエを打つことができました。さらに視認性が大変素晴らしいです。基本、先打ちマキエをする私は遠投時にマキエを見失う事が多々ありました。その時はできるだけマキエを白系の配合で対処してきましたが、今回のように表層でマキエの煙幕が残ってくれない場合は苦労していました。新製品の「グレの道」は程よく白色の煙幕がずっと表層を漂うので、遠投して、仕掛けを投入するという動作がとても楽でした! これからはメインとなる配合になりそうです。

そして刻々と変わる潮の流れに対し、投入点を変えたり、仕掛けを変えたりと対応することで釣果に差が出ます。今は大分県の釣りはノーガンがほとんどであります(私も基本的にはノーガンです)。しかし仕掛けの馴染み方など状況に合わせてガン玉を使います。今回はやや反応がなくなったところで、フカセ絡まん棒の下にG7を1つ打って様子見ると思うように馴染んでくれて、クロからの反応もよくなりました! ガン玉の重要性を改めて実感しました。

そうこうしている内にオナガだけではなく、口太も交じり始めました。タナはさほど深くなく1〜2ヒロくらいのようです。サイズアップを図るため、先打ちマキエから30秒ほどインターバルを計り、潮下に仕掛けを投入して2ヒロほどで同調するようにイメージして釣ってみると、またもや気持ちの良いアタリがあり、クロの引きを堪能。この日最大の35㎝級が釣れました。その後、白子島へ瀬替わりしましたが、エサ盗りの猛攻であえなく撃沈です。まだまだ米水津のクロは本調子ではなさそうですが、場所等によっては40㎝オーバーも出ているようです。12月になり気温、水温が下がって今後の米水津に期待し、また日を改めて米水津に釣行してみたいと思います。

今回も自分なりにとても勉強になり、再度ガン玉の重要性を実感させられた釣行となりました。まだまだ課題がたくさんありますが、これからも楽しみながら練習したいと思います。

MFG九州/釣研FG東九州支部/藤山翔也・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード