TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

エステルライン実釣テスト!

2015年 11月 22日 17時頃

先日、サンラインのHPで「鯵の糸」なる新製品を発見。ポリエステル製ってことで、さっそくお試しに0・25号と0・35号を入手しました。手にしてまず驚いたのは、その細さと軽さ。0・25号にいたっては触れている感覚すら微妙です。老眼が出始めた自分にはジグヘットのアイを通すのも一苦労。これは、どう使えばよいのか? ということで、レポートです。

11月22日、午前4時。場所は津久見。着いてビックリ人だらけ! 釣り場確保に車を走らせ、ようやく確保した場所はラッキーにも電灯の真下。さっそくキャスト。とりえず今回は老眼対策の0・35号を使用します。暗闇の中、軽いラインは1・25gのジグヘットとワームをかなり飛ばしてくれたようです。糸フケをとり、最初のテンションを掛けたところで、ブルブルっとアタリが…。バシャバシャと水面を弾きながら上がって来たのは、十数㎝のアジ。着水場所から、数メートルも動いてない所でのアタリを感じられるのだから、なかなかの感度です。その後2匹を追加。やはり、遠くのアタリを軽快かつ明確に感じさせてくれます。いつものフロロラインのアタリが少し重く感じるような感じですね。

日の出を迎えエサ盗りが目を覚まし、ワームを足元まで寄せるとどんどん食いちぎられます。必然的に主戦場は沖合いになりますから、飛距離と感度はいい戦力になります。しかし、ここから勢いよく食ってくるのはサバ子に代わりました。最初の2匹こそキープしましたが、どんどんリリースします。しかし、良いラインテストにはなりました。その後、周りが全然釣れてない事を聞いたことから場所を変えますが、そこでもエサ盗りが…。ワームロストに耐えながらもメバルの強い引きを2度楽しんで仮眠。夕まずめに備えます。

目が覚めたら、場所を最初の港に移し、黒猫とじゃれながら釣り再開。明るいうちにロープやブイの位置を確認していたので、効率よくベストポジションにキャストでき、1時間弱で6匹追加。やはり、軽快な感度は良い釣果につながります。午後6時30分。人懐っこい黒猫にアジ3匹をプレゼントして納竿としました。今回使用のワームは、ハヤブサの新製品「アジクルー・ニードルストレート」。これは、今までの経験で、「こんな形状ならいいのに」って思っていたワームです。ファーストキャスト前は、アジのサイズがわかりませんから2・5インチがベストです。アジの視覚にアピールするボディ、小さい口の吸い込みに邪魔にならない細く生命感溢れるテールは絶品でした。まず、そのフィールドのアジをサーチするパイロットルアーとして最適です。また、エステルラインは摺れに弱いので、ラインアイが真ん中にあるジグヘッドは、ヘッド形状と作りこみがモロに影響します。そこにおいても、ハヤブサの「アジまっすぐ」はラインを傷つけず良い仕事をしてくれました。サンラインのエステルライン「鯵の糸」をご使用の際は、ハヤブサの「アジクルー・ニードルストレート」と「アジまっすぐ」の組合せも併せて試してみてください。

今回使用したサンライン「鯵の糸」0・35号は、見易さを目的に選択しましたが、結ぶ際にもこれ位の太さは必要と感じました。ラインナップでは一番太いのですが、まずは、この太さがスタートに最適でしょう。注意点ですが、原材料の性質として瞬間的強度に弱いことから軽いキャストを心掛けた方がいい感じです。糸摺れ対策には、ジグヘッドの形状にも選択が必要です。糸がらみしやすい形状は、ラインブレイクの原因になります。利点は、その飛距離と感度に尽きます。張りがあるため、とにかくラインが真っ直ぐに伸びルアーがよく飛びます。そして、どのラインよりロッドティップをルアーが最短で結ばれます。材質からくる感度と相まって感度は抜群に良いです。まだまだ、試し足りない事があるので、次回釣行でしてみたいと思います。

サンラインフィールドテスター/安藤美治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード