TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見地磯で40㎝級グロローテーションがキモ

2015年 11月 29日 17時頃

11月29日、中潮。いよいよクロも本番と言いたいところなのですが、各地でエサ盗りが多いとの話を聞くことが多いです。この日は、そんな状況を探るため、藤山さんと鶴見の地磯へ釣行しました。エサ盗り対策として、マルキユーの「グレスペシャルV9」など3袋と沖アミの生3角を混ぜ合わせます。遠投することをメインに考えているので、仕掛けはサンライン「トルネードコング/1・5号」の7mにウキを通した仕掛け(左頁参照)。この仕掛けで潮筋からはずさないようにします。

早朝、釣り場に着き早速マキエを打ち始めると、足元にスズメダイの姿が見えます。沖には回遊性のゼンゴ。そうとう厄介な状況です。足元のマキエを打ち続けながら、沖に1パイだけマキエを入れ仕掛けを投入。まだ水温が高めだと予測していたので、狙いは1・5〜2ヒロと浅ダナです。ところが、マキエに群がるゼンゴが、想像以上に多く、すぐにツケエが盗られてしまいます。そこで、マキエとツケエの投入タイミングをズラシたり、投入場所を変えたりしながら、ツケエが2ヒロまで持つポイントを探していきます。

この方法で、ツケエが1・5〜2ヒロまで持つと、25〜30㎝級のクロがぼつぼつと釣れます。ですが、それ以上探ると、今度はフグ類らしい魚がハリを傷つけ始めます。上はゼンゴ、下はフグ類と非常に難しい状況です。

藤山さんも25〜35㎝級のクロをぼつぼつ釣り上げていますが、「エサ盗りが多いね〜」と一言。ポイントをローテーションしながら中型グロを拾っているようです。私もそれに習って、4 〜5 箇所のポイントをローテーションしながらクロを探します。満潮前に、右手にあるハナレの際を流したところ、40UPのクロがヒット。エサ盗りの中にクロはいるのですが、エサ盗りの元気がありすぎて、クロがツケエを食ってくれないといった状況です。

下げ潮になると、ゼンゴがあたり一面に湧き、釣りにならない状況でしたが、夕まずめになると、それも小休止。その隙をついて、もう1枚良型グロを追加して納竿としました。藤山さんと二人で20枚以上のクロを釣りましたが、30㎝以下は全てリリースです。なかなか厳しい状況だったので、良型グロを釣り上げることができたことが満足でした。この日も早朝は寒かったのですが、まだ日中は暖かく、なにより海水温が暖かいので、クロ本番にはもうしばらくかかりそうです。水温が低下すれば、今後一気にクロが活発化しそうな気配です。
MFG 九州・チーム鬼掛大分支部/古庄海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード