TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

イカダで良型イシダイ

2015年 12月 5日 14時頃

12月5日、小潮。先週イシダイが釣れたので、今回はカワハギが釣れればと蒲江方面へ。エサは熊本より持参するので、釣具店にも寄らずに直行。まだ自動車道は夜間通行止め。少し時間はかかったが、午前6時前に蒲江に到着。お目当てのイカダの上にはすでに3〜4人のヘッドライトが揺れている。今のシーズン、イカ釣りのようだ。車の中でここで釣るか少し考えたが、人が多そうなので西野浦方面へ変更し移動する。フィッシャーマンズイン燦燦のイカダに向かうが、何とここも人が多そうである。今日はついていないかもしれない。おまけに折角作ったおにぎりも自宅に忘れてきてしまった。ジンクス通り忘れ物をしているので、釣れないかも…。

気を取り直し先週行った「元丸」へ向かうと、車のヘッドライトに浮かぶイカダには人影が見えないが、駐車場はほぼ満車。船釣りか磯釣りのお客のようだ。1台分だけ空いているスペースに車を止め、道具を運び釣り開始。朝のうちはマダイ狙いで、底狙いの虫エサを使用したテンヤ釣り。釣りをしながら今日のポイントを探す。イカダをあちこち釣り歩くが、エサ盗りのアタリも少なく、マダイのアタリもない。イカダをふた廻りぐらいした後、前回釣れたポイントに2〜3ヶ所カラス貝のマキエをし、ポイントを作る。その後アタリが無いままカワハギ釣りに変更し、しばらくカワハギを狙ってみる。コチラはアタリはあるが、釣り上げるとチャリコとコッパグロで20㎝ぐらいのリリースサイズ。その後はアタリが出ない。エサを突いているのはどうもウミタナゴのようで、カワハギではないようである。今日もカワハギは厳しいか。しばらくテンヤ釣りとカワハギ釣りを交互に釣っていく。

8時を過ぎた頃、テンヤで小型のウマヅラハギとアイナメが釣れる。イカダにも福岡からの2人の釣り人が来られた。カワハギ狙いのようで、ツケエは沖アミ。沖アミで釣れれば楽だが、やはり上がってくるのはウミタナゴである。9時ぐらいにやっとエサ盗りとは異なるアタリがあり、上がって来たのは30㎝ぐらいのイシダイ。今日もカワハギではなくイシダイか…。と言っても群れてはいないようで、アタリが続かず場所を変えてもう1枚追加。2枚とも先週とは違う場所で、その後前回のポイントの場所でもう1枚。少し型が良くなった。

その後アタリが遠退き、早めのお昼。潮も止まったようだ。今日はおにぎりの他にも忘れ物した。カワハギ狙いのため、スカリを家に置いてきたのだ。1枚釣り上げるたび、魚を絞めて血を抜いてクーラーへ入れるため、いつもより手返しが遅くなる。1日のうちでも時合いは短い。スカリを使うかは別にして車に乗せておくべきだった。いつもよりゆっくりと昼食をとり、潮が動くのを待って釣り再開。すると前回よく釣れた場所で、少し大きい力強いアタリが出た。すかさずアワセを入れると、いつもより強力な引き! 糸を出さないよう竿先を水面に入れながら、ロープに持っていかれないように竿を操作して海面へ引き上げる。かなりデカイ!

なんとかタモ入れし(本日はタモも小さい方を持ってきている)、本日4枚目のイシダイ。検量したら53 ㎝、2・4㎏。前回よりも大きいサイズだ。イシダイはマダイよりも口元が硬いうえ、きれいにカンヌキ(口の横側)に刺さっているので、ハリを外すのも時間がかかる。その後、連続で1㎏のイシダイを2枚追加し、合計6枚となった。3週連続でのイシダイであるが、マダイに比べて捌くのも楽で、普段マダイを釣っても刺身では食べないが、この時期のイシダイは脂が乗ってかなり美味しい。しかし2人で食べるには量が多すぎるので、いつも会社の方々へ配っているように今回もどこへ持っていこうか…。エサが切れた午後2時前に納竿し、帰り際に「元丸」の親父さんに1㎏を1枚お裾分けして本日の釣り終了。

自宅に戻ると妻から「忘れ物したから今日は釣れてないよね」と満面の笑顔で言われた。本日の仕掛けは、竿が2mの軽量舟竿、リールが中型ベイトリール、ラインが5号でフロロライン中通し、丸型20号オモリと自作テンヤ仕掛け13号伊勢尼2本バリ。大分の海に感謝。

熊本市在住/浅木祐一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード