TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

冬の尺メバルを捕獲せよ!

2016年 1月 12日 0時頃

いよいよ新しい年が幕を明けた。最近は寒さが本格化し、風が強い日も次第に多くなってきた。この時期になると、徐々に釣り物が少なくなってきたなと感じる人も多いはず。そんな時期だからこそ、ライトゲーム。そう、メバリングが面白い。バッチリ防寒着を着込んで、行く先は夜の磯。軽快な装備を身につけ、磯場へ足を運べば想像を超えた大物との熱い駆け引きが待っている。

1月12日、中潮。大分市内から高速道路に乗り、約1時間の道程。今年初となる四浦半島への釣行だ。この日、偶然にもマイナス潮であった事から、ベイトがシャローエリアに溜まり、それに伴い大型のメバルが岸に寄っているであろうと仮定し、四浦半島でも比較的浅い間元港近くの地磯にポイントを絞った。

まず最初は、1・5gのジグヘッドを沖合いにキャストしスローリトリーブ。根掛かり覚悟でボトムをズル引く。早速、ハンドルを3回転程した所でコンっと明らかに生命感のあるアタリ。本アタリに期待を込め、そのままリトリーブを続けると間も無くティップが一気に入る。ここでアワセを入れると同時にロッドを限界まで絞り込み、スプールを指で押さえ一気に根から引き剥がす。四浦は尺メバルの実績が高いエリア。掛かる魚は全て大型のメバルと想定してヤリトリするほか無い。

ましてやこの時期、海藻の多い磯際、一瞬足りとも気が抜け無い。ドラグが出ようとするのを必死で押さえ、ロッドの弾性と細かいポンピングで水面まで浮かせると、真っ暗な中でバシャバシャと音を立てて、大型のメバルが暴れているのが分かった。ここで初めて水面へライトを照らし、魚の位置を確認。ハンドランディングで無事捕獲完了。サイズは丁度30 cmといったところか。丸々とした魚体は、過去最高クラスと言っていい程強烈な引きを見せた。

幸先のいいスタートを切った。まだまだ時間はある。今度は足元を狙ってみる。狙うポイントとしては、波が打ち寄せサラシのできる場所。磯の際っ面にジグヘッドを通していく感覚だ。根掛かりを少しでも軽減させるため、ラインは若干張り気味でテンションフォールさせる。タナは先程と同様にボトムを意識。波打ち際をできる限りゆっくりとリトリーブしてくると、モゾッとティップにもたれかかる様なアタリ! 一旦、リトリーブを止め穂先で聞いてみると、明らかな生命反応。そのままアワセると、これもまた強烈な突っ込み!再びロッドのパワーを極限まで使い突っ込みを避わし、ラインの破断強度ギリギリで根に潜るメバルを何とか止めると、徐々に浮いてくるのが分かる。足元にも大きなカケアガリがあるため、まだ油断はできない。タイミングを計りながら打ち付ける激しい波に乗せ、間髪入れずにズリ上げる。惜しくも尺には1cm程及ばずだが、これもナイスサイズの29cm。まだまだ良型メバルの爆釣劇は終わらない。沖の潮目にジグヘッドを流して、

まずまずサイズの23cmを追加。場所を30分程休ませてから、先程と同様の磯際で25cm。釣れた魚は全てコンディションは抜群。いずれもタナはベタ底であった。今回の傾向としては、ジグヘッドがボトムの障害物に弾かれた瞬間のリアクションバイトが多い印象を受けた。そして、ここでウネリが出始めたため終了。時間にしてわずか3時間足らずの釣行であったにもかかわらず、非常に充実した釣果を得られた。この高活性や魚のコンディションを見るに、正にメバリングのシーズンインと言っていいだろう。これからしばらく、厳しい寒さが続く。しかし、その中でも潮を読んだ適切な場所選びが、この時期を征する大きなカギとなりそうだ。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード