TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見 寒グロ続釣中!!!!!

2016年 2月 11日 11時頃

2月11日、中潮。寒波による厳しい冷え込みが通り過ぎてからは、幾分暖かさを感じるようになってきましたが、大分県南の磯では寒グロシーズン真っ盛りです。そこで、サンライン・ステータス・クラブ( S S C )の仲間4 人と寒グロを狙って渡船「春日丸( TEL090・1161・0722)」にて、沖磯を目指しました。風も無く絶好の釣り日和の中、後藤会長と黒枝さん、深田さんと筆者がそれぞれペアとなって、鶴見半島の先端へと上礁しました。

夜明けとともに左図の仕掛けを組み、沖アミ生3角とマルキユー「グレの道」、「超遠投グレ」を各1袋混ぜたマキエと、沖アミ生のツケエを用意し、午前7時ごろから釣りを開始します。潮は鶴見半島先端方向へ勢いよく流れており、深田さんと二人でその潮筋を探っていきます。まずは、磯際から竿2本までの範囲を3ピロのタナで探ってみると、その数投目にウキに反応あり。アワセと同時に良型特有の重量感のある引きに大きく竿を曲げながら、竿の弾力とラインの強度を信じて応戦します。磯際に張り出した根にヒヤヒヤしながらのヤリトリの末、無事にタモ入れ成功。これが44㎝の綺麗な魚体の口太で、幸先の良いスタートを切ることができました。

更に二人で散発的ながら35㎝級の口太のアタリを捉えていきましたが、潮流が少し勢いを増してきてからは、複雑な流れとなり、深田さんと共に攻めあぐね、なかなかクロのアタリを捉えることが出来ない時間が続きます。潮の流れは悪くないものの、底潮の状況が良くないのか、時折ウキを消し込んでくれるのは、小型のイサキのみが釣れる状況に。しばらくして潮が緩み始めてからは、比較的釣り易い状況になります。潮のヨレたポイントを重点的に狙っていた深田さんの竿が大きくしなり、数分間の攻防の末、体高のある45㎝の口太が海面に姿を現しました。クロの動きが少し良くなったのか、引かれ潮を狙っていた筆者にも久しぶりにアタリが出て、40㎝オーバーの口太を数枚追加。それからは潮が止まると同時に今度は湾内方向へと潮が流れ始めたため、釣り座を湾内向きに変えて、釣り座正面のハナレ磯の際を流していると、仕掛けが馴染んだ直後にウキが僅かに海中へ抑え込まれるアタリを拾うことができ、スマートなプロポーションながら48㎝の口太をタモに収めることができました。

その後も、釣り座正面のハナレ磯と沈み瀬の間を抜けていく潮筋を探っていき、随分と流し込んだところでの散発的なアタリ。ハナレ磯や沈み瀬にラインが触れそうなスリリングなヤリトリで、45㎝級の良型グロを2枚追加し、納竿としました。潮流が複雑な動きであったことと、低水温期によるクロの活性があまり良くなかったことなどの要因で、一日を通して散発的なアタリではありましたが、40㎝オーバーの良型グロを7枚確保でき、満足の行く寒グロ釣行となりました。

海水温が低下し、クロの動きがあまり良くない状況下では、狙いどころとなる潮のヨレなどのポイントの見極めや、クロの捕食層の正確な把握、それから狙ったタナでのマキエとツケエの正確な同調など、わずかなズレがクロとの接点の擦れ違いを生じ、その日の釣果に大きな差が出てしまいます。クロへのアプローチ方法は人によって様々ですが、寒グロのシビアな状況に対して正確性や的確性を常に維持し、脂の乗ったパワーのある寒グロの引きを楽しみたいものです。

サンライン・ステータス・クラブ/田野貴幸・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード