TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

西野浦養殖ダナ 春のマダイシーズンの下見釣行

2016年 2月 11日 11時頃

2月11日、中潮。2月に入り水温の低下と天候の都合で釣り難い時期であるが、好きな釣りはやめられない。今日は今年から行き始めた西野浦の「神宮丸」で、春のシーズン前の下見も兼ねて、入津港沖の養殖ダナへ行くことにした。湾の外側に龍宮鼻側・尾浦側とあり、船長の薦めで尾浦側へ向かう。以前から一級の場所と聞いており、釣行前から楽しみである。いつもの釣友と朝3時30分に熊本を出発。寒の時期なので、夜が明けるのは7時頃ということもあり、遅めの出発。西野浦港に着いたのは7時頃。この日の出港予定は、8時と少し時間があるので、私一人でテンヤの準備をし、イカダで1時間ほどテンヤ釣りをしてみるが、エサ盗りのアタリもなかった…。1月には同じ場所でアタリがあったのだが、先が思いやられる。

やがて船長が到着し、いざ出船である。港を出て船を着けるポイントまで20 分ぐらい、無数の養殖ダナが並んでいる。天候も良く、風も波もなく、いかにも釣れそうな雰囲気。釣友との船での会話は「絶好のコンディションだね。じゃあ釣れないかもね…」。広い場所で、ポイント毎に深さも異なり、これといった場所も分からないので、船長におまかせして1番尾浦寄りの浅い所に船を着けてもらう。船は養殖ダナに直接着けられるようだ。流れによっては釣り難いが、釣れる確率は高くなる。早速、釣り開始。水深は約23mで、潮は釣り座の左側前方に流れている。フカセをする前にテンヤで釣りをして海底の状態を見てみると、小石と砂交じりであまり障害物はなくフラットのようだ。ただ、この時のテンヤではアタリがなかった。沖アミのマキエを打ち、2人でフカセ釣りを始める。しばらくはエサ盗りのアタリもなく、釣り始めて2時間ほど過ぎた時、釣友にアタリ。竿先を持ち込むアタリで頭を振っているので、タイ系のようだ。この場所はヘダイも多いので、マダイなら良いがと思っていると、期待に反して45㎝の良型ヘダイ。マダイよりも引きは強いが、身が少し柔らかい。私には外道であるが、釣友は練習、練習と言っている。

ほどなく私にも50㎝ぐらいのヘダイである。私の方はアタリは無い状態で釣れた。いわゆる居食い状態。水温が低く食い気が悪いようだ。その後の釣果は、アタリがなく回収の途中で仲良くヤズが1匹ずつ、同じくヘダイが1匹ずつ。釣友に良型アラカブとエサ盗りのフグが少々。珍しくマダイが1 枚も釣れなかった。まだ時期的に早いか、もう少し沖側の深い方の養殖ダナが良いかも知れない。後で聞いたら、船を付けた養殖ダナは少し前にタナを移動させてきたとの事。やはり古い養殖ダナでカラス貝が着いているタイプの方が良いだろう。

本日は2人合わせて10回ぐらい魚を掛けたが、上げる途中でハリが外れる事が多かった。水温は13℃ぐらいだったが、底はもっと冷たかったかもしれない。やはり15℃以上あった方が活性は高そうだ。これは4月に入らないと無理かも…。本日は春に向けての下見という事で、貧果に終わってしまったが、必ず釣れる場所なので、もう少し水温が上がったらまた来ようと思う。本日も大分の海に感謝。
熊本市在住/浅木祐一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード