TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

Z的な釣り日記 アフターのメバル狙い

2016年 3月 30日 20時頃

3月30日、小潮。桜も咲き始め、昼間は暖かくなりました。季節は、もう完全に春ですね〜。春といえば「春告魚」。そう、メバルのベストシーズンです。産卵から回復した元気なメバルが釣れる時期です。そんなメバルを狙って、ホームの国東半島にレッツゴーです。

第1ポイント(シーバスポイント)…メバル狙いと言ったばかりなのにシーバスポイントです(笑)。ここ最近、セイゴ、シーバスと大きな魚が数釣れています。ライトタックルで釣ると面白いんですよね。って事的な釣り日記いよいよ「春告魚」本番!Z Text & Photo by アジンガーZで、ランカーが釣れることを願ってキャストです。キャスト→ 着水→ 任意カウントダウン→ リトリーブで無反応。その後も何度かキャストするもノーバイト。前回は、キャスト毎にバイトがあったのに、今回は全く反応が無いです。諦めずにキャストし続けて、やっとセイゴがヒット。普段、シーバス釣りをしないから分からないけど、シーズンが終わったのかな? シーバス狙いを諦め、今度こそ本命のメバルを狙いにランガンです。

第2ポイント(湾内ポイント)…最盛期には、湾内でも良型がバンバン釣れますからね。期待を込めてキャストします。キャスト→着水→プルッ。いわゆる超高活性の着水と同時にヒットってやつです。しかし、リールを巻く感覚が軽い。釣れたのは、金魚サイズのメバルでした。本命と言えば本命なんですがね。ちょっとサイズがですね…。その後もキャスト毎に釣れるには釣れますが、金魚ばかりです。金魚しか釣れないからランガンします。

第3ポイント(外海ポイント)…数もサイズも期待できるポイントです。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブ→プルッの後に無反応。「うん?」。ワームが食いちぎられています。多分、釣り師の天敵クサフグの仕業みたいです。何度キャストしてもワームを食いちぎられます。こうなると、いくらワームがあって足りません。しからばプラグに替えてキャストしてみます。フグが多い時は、プラグが大活躍って時がありますからね。しかし、トリプルフックに掛かるのはグー、グーと鳴くクサフグばかりです。クサフグしか釣れないからランガンします。

第4ポイント(潮通しの良いポイント)…潮通しがよく、流れの速いポイントです。良型が釣れるが、数は釣れ難いといった感じのポイントです。釣れれば良型、釣れなきゃ何も釣れないと言った博打ポイントです。ここまで良いところが全くない私です。頑張って釣らなきゃ! とりあえず、思いっきりキャストします。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブで良い感じのバイト! 柔らかいソリッドロッドが、弧を描いて曲がります。久しぶりに気持ちの良いヤリトリをして釣れたのは、まぁまぁなサイズのメバルでした。ここには、メバルがいる(笑)。しかも、遠投した方が釣れる気がする。そう思い、ロッドをソリッドからチューブラに変更。そして、フロートリグを使って遠投します。最近は、各社いろんなフロートリグが販売されています。私のメバリングでは、マリアの「メバトロボール」をよく使っています。各社、一長一短あると思いますが、昔から使ってるから好きなリグです。「メバトロボール」は、沈下速度の違いからF(フローティング)、SS(スローシンキング)、S(シンキング)、FS(ファーストシンキング)があります。そのポイントの状況に合わせて選びます。

私が、よく使うのはFとSSです。Fは、表層でバチャバチャとライズしている時に軽めのジグヘッドと合わせてゆっくりリトリーブして釣ります。SSは、沖に藻場や岩等のストラクチャーがあり、ゆっくり沈めて釣りたい時に使います。どちらもジグヘッド単体では、釣れないポイントを狙えるます。キャストも軽く振りかぶって投げるだけで、遠くまで飛んでくれます。まずは、Fと0・4gのジグヘッドで表層を狙ってみようと思います。キャスト→着水→ラインスラッグを取る→潮に乗せて流す→プルッでバイトです。先程と同サイズをゲットです。全くリールを巻かずに潮に乗せて流すだけで釣れます。めちゃくちゃ簡単です!次は、SSと1・0gジグヘッドで中層を狙ってみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→リトリーブでプルッっとバイトです。これは、普通のジグヘッド感覚で釣れるので簡単です。その後も狙い通りに数匹釣って納竿しました。

今回は、フロートリグを使ってのメバリングが上手くいった感じです。常夜灯周りで釣れるときは、ジグヘッド単体の方が手返しが良いと思います。しかし、手前で釣れないときはフロートリグ等で沖に遠投した方が良い場合があります。その日の状況によって違うとは思いますが、フロートでの遠投ってのもありかもしれません。

Text & Photo by アジンガーZ

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード