TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

猪熊博之氏講演会 in フィッシングショップing

2016年 5月 14日 17時頃

5月14日、大分市にあるフィッシングショップingにて「猪熊博之氏講演会」が開催され、市内外から40余名の釣り人が集まり、同氏がプロデュースした釣研製のウキ「エイジア・マスターピース」の開発コンセプトや、同氏のフカセ釣りに対する考え方の講演に耳を傾けた。今回は、前回お届けした講演内容の続きをお届けしたい。

浅く釣ることを意識…猪熊さん(以下同様)=これから梅雨グロのシーズンとなりますが、私がクロ釣りを楽しむ時は浅く釣ることを意識して狙っています。特に梅雨グロ期は、1〜1・5ヒロで釣れることが多いため、その範囲を狙って釣っているのです。

具体的には、釣研「エイジアマスターピース/01」で、ハリスは4ヒロ(7m弱)に、ハリはグレバリ4〜5号を使っています。この仕掛けで、ハリにツケエが付いていれば、5月14日、大分市にあるフィッシングショップingにて「猪熊博之氏講演会」が開催され、市内外から40余名の釣り人が集まり、同氏がプロデュースした釣研製のウキ「エイジア・マスターピース」の開発コンセプトや、同氏のフカセ釣りに対する考え方の講演に耳を傾けた。今回は、前回お届けした講演内容の続きをお届けしたい。海面下約1mほどでウキがサスペンドし、ツケエがなければ30〜40㎝ほどまで入ったウキがそれ以上沈まないといった感じでツケエの有無を知らせてくれます。この時、釣研「潮受ウキゴム」からハリまでの長さが1・5ヒロ程で釣っています。ツケエが残るようならこの長さをもっと長くする(潮受ウキゴムを上に移動)、ツケエが盗られるようなら短くする(潮受ウキゴムを下に移動)といったことを繰り返しながら、クロのタナを探っていきます。ちなみによく釣りに出かけると、同行者から「馴染みが遅いね」と言われます。ツケエはハリやハリスなど余分なものがある分、どうしてもマキエよりも速く沈下してしまいます。それを出来るだけ遅くすることも、浅ダナを意識して狙っている現れだと考えています。

ガン玉使い…通常、ノーガン(ガン玉無し)で釣っていますが、潮加減でガン玉を打つこともあります。その場合は、必ず「潮受ウキゴム」の下に打ちます。それ以外に打つことはありません。なぜなら、私が実践しているノンサミング釣法の場合、他の場所にガン玉を打ってしまうと、仕掛けが絡まってしまうからです。

また、ガン玉を打った場合は、仕掛けが馴染んでから仕掛けを引っ張ることはしません。なぜならウキの沈み方(仕掛けの馴染み方)が変わってしまうからです。図のように一旦馴染んでしまった仕掛けを引っ張ってしまうと、ウキから上にあるハリスのモタレ部分が若干なりとも上に引っ張られ、ウキに掛かるハリスの重みが変わってしまうからです。これによりツケエの有無の判断ができなくなります。

私はウキを見てツケエの有無を判断しています。これを習慣にしていると、ウキが逆行で見えない時や遠投している時でも、ウキの沈下がイメージできるようになります。仕掛けを引っ張ってしまうと、このイメージと異なる動きをしてしまうため、引っ張ることはしません。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード