TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見湾内の梅雨グロ

2016年 6月 5日 14時頃

6月5日、大潮。梅雨らしく雨が降りしきる中、私が所属するTEAM1000の月例会で、鶴見湾内の磯に梅雨グロを狙ってきました。今回は、同クラブでお世話になっている衛藤さんと「白崎4番」に瀬上がりしました。

本日のマキエは、遠投浅ダナを意識して、細かく砕いた沖アミ生4角にいつも愛用しているマルキユーの「グレパワーV9徳用」、「超遠投グレ」、「遠投ふかせTR」、「グレパン」、「グレパワー遠投」を半袋ずつ配合し、よく混ぜ込みます。仕掛けは、竿が「がま磯インテッサG4/1・25/50」に、道糸は釣研「フリクションZ/1・5号」、ハリスは同社「ウルトラフレキシブル/1・5号」で、グレバリの4号をセット。当日は風雨が強かったのでハリスを10m取り、ウキは釣研「スーパーエキスパートUE/0c」を使った1000釣法です。

まずは足元に多めのマキエを打ち、瀬の向こうの30mラインを重点的に狙います。しばらくして足元に打ったマキエに少しクロが見え始めた時、竿引きのアタリです!足元から15m先まで瀬があるため、何度か潜られながらゆっくりとヤリトリし、上がって来たのは40㎝オーバーの良型です!すぐに衛藤さんも40㎝近いクロを釣り上げます。

同じように次を狙うと、2ヒロ程でアタって来ますが、食いが浅いのかハリ外れが連発します。その後、何とか30㎝のクロを追加し、朝まずめ終了後はエサ盗りの活性が上がって来ました。エサ盗り用のマキエを増やし、さらに遠投して狙ってみます。キタマクラやベラ、コッパグロに翻弄されながらも、しばらく釣っているとアタリを捉えますが、良く引いて上がって来たのは、40㎝クラスのチヌ!ここで衛藤さんと相談し、瀬替わりを決断します。潮が引いてきたため、何とか釣りができそうな「ウノクソ」に上がります。ここで、衛藤さんが1投目から30㎝クラスのクロを釣り上げます! 私も20〜30m程遠投し、丁寧にマキエを合わせると、エサ盗り交じりながらで30㎝前後のクロがアタって来ます。更なるサイズアップを狙って色々と試してみますが、簡単にはうまくいきません。

そうこうしていると潮が満ちに変わり、波が高くなってきたため、再び瀬替わりします。次は、他の釣り仲間が上がっていた「白崎1番」に入れ替わりで上がります。ここでもアタリはありますが、サイズアップが出来ないまま攻めあぐねていると、船着き側で釣っていた衛藤さんの竿が大きく曲がります! 丁寧なヤリトリでタモに収まったのは、41㎝のナイスサイズ! その後は30㎝クラスを追加しただけで納竿時間となり、良型を引き出す難しさを痛感した釣行となりました。

今年は梅雨グロが遅れているのか、まだ小型の多い状況でしたが、船長の話では50㎝オーバーも出たということなので、これからどんどんと本格化していくと思われます。皆さんもぜひ大型の梅雨グロを狙って釣行してみてはいかがでしょうか。

藤本祐一郎・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード